人気ブログランキング |

2010年 01月 16日 ( 1 )

「サロゲート」近未来の夢物語

米映画、近未来SF&ロボットアクション。
ジョナサン・モストウ監督、ブルース・ウィリス、ラダ・ミッシェル主演。

身体的接触がどんどん希少になっていく世界で、
愛の人観念はその意味を失うのではないのだろう?
それがテーマのひとつだ(監督談)
そう言っても、ラブの苦手なはウィリスを使ってる訳だから、
その部分は喉に小骨がひっかかるような感触で
胸には響いてきませんでしたということで、評価はBというところでしょうか、
お暇ならば、みたらぁ、という感じです。

近未来、
人類は自分の身代わりとなるオーダーメイドのロボット(サロゲート)を手に入れた。
自分は家でくつろぎながら遠隔操作でサロゲートを操れるのだ。
身体的な不自由を持つ人には願ってもないものかもしてないが、
誰もがそうするようになると本当の人間通しの接触がなくなり
痛みの通わない付き合いしか出来なくなる。そんな世界で、
本物の殺人事件がおきた。
一体何故サロゲートだけでなく本人まで殺せるのか、
そしてそれは一体誰が何のために起こした事件なのか。
こんな風につくったら文芸風の作品になりそうですが、
なにせウィリスを主人公に据えているのですから、
イケイケどんどんの大味なアクション作品になるのは目に見えますよ、ね。
これは蛇足ですが、ウィリスのサロゲートには髪の毛がありました、よ。

c0146834_14534198.jpg

by asat_abc | 2010-01-16 15:12 | 映画_新作