人気ブログランキング |

「イエスタデイズ」、塚本高史の舞台挨拶

塚本高史、国村隼(じゅん)、和田聡宏、原田夏希出演

c0146834_1003743.jpg


普通は舞台挨拶後に試写が始まるのですが、
今回は試写会の後にトークショ-という形態だったので、
話もスムーズでわかりやすいものでした。
トークショーは
司会はエリカワクロさん、TVでたまにみかける人です。
彼女の紹介で、塚本クンと国村さんが出てきました。

塚本クンは当世風の、ちょっと生意気そうな風貌です。
国村さんは、小柄で、ひょうひょうとした風です。
この方、昔から見かけことがあるような気がしますが、
意識し始めたのは、
河瀬直美監督の[萌えの朱雀」で見かけてからです。
その後、「シルク」「銀色のシーズン」など色んなところで
見かけますが、準主演級で出るのはめったに無いですよね。

国村演じる父親は大手のファミリーレストランの創設者。
だが、末期癌のために、余命いくばくの状態。
自分と性格の似た次男坊の聡史を呼び寄せます。
理由は、若いときに付き合っていた女性、真山澪を
探し出して欲しい、と言うことでした。
父親の願いを反撥しながらもしぶしぶこなしていると
仕事人間だと思っていた父親の実像が浮かび上がってきて
やがて彼は、父のことを本当に理解します。
そんな心温まる
本多孝好原作の映画化作品です。

この映画で、最後のシーン、
海辺で父親と聡史がお互いに理解しあう場面は
感動的なシーンです。

トークショーで、このシーンは
撮影開始後一週間後のシーンであり、
中間のシーンがその後撮影されたとのこと。

役者は凄い!
台本でイメージを作り上げ、どのシーンを
いつとってもいいように準備しているのですから。

素直に、そんなことを思いました。
by asat_abc | 2008-10-19 09:59 | 映画_新作
<< はるかのICHIは純愛風味 「容疑者Xの献身」、堤真一の迫... >>