人気ブログランキング |

クライマーズ・ハイ


c0146834_1891784.jpg

原田真人監督、堤真一、堺雅人、尾野真千子、山崎努出演

この作品は某公共放送でもドラマ化され、
部分的に目にしていました。
ドラマ化されたほどの長編を
限られた二時間という制約の中で仕上げるとするならば
焦点をキッチリ絞った方が良かったと思うのですが‥。
実にもったいない出来になっていると思いました。
割りきって一週間の記者魂を賭けた物語にした方が
シンブルでわかりやすく、感動的なものになっていたと思います。

御巣鷹山に520人を乗せたジャンボ機が墜ちた。
地元新聞社は地元の意地をかけてこの事件の真相に迫る。
この事件の全権を任されたのは悠木(ゆうき)、
彼には駆け出し記者の頃に地元の大事件だというのに
次々とスクープを全国紙に出し抜かれたというトラウマを抱えていた。
自分のエリアで起きた事件は地元新聞が一番だという紙面を作りたい、
スクープで他紙を出し抜きたいという思いで紙面作りを進める。

そんな熱意のもとに、
同じ思いのもの、
抜け駆けしようとするもの、
足を引っ張るものが紙面作りに参加する。
兎に角、熱に浮かされたような一週間が始まる。

こんな風にまとめてくれれば良いものを、
その他に、
主人公と病気で倒れてしまった友人との関係、
主人公と家族との関係、
そんなものも、短い時間でさしこむものだから、
色んなものがてんこもりになって、
消化不良を起こしてしまった感がある。

シンプルに作れば傑作の素材が
もったいないという思いで試写会場をあとにしました。
by asat_abc | 2008-05-27 22:28 | 映画_新作
<< REC(レック) 「相棒 劇場版」 >>