ネタバレバレでゴメンナサイ!「東京家族」

今年度206本目
妻夫木聡、蒼井優、橋爪功、吉行和子、西村雅彦、夏川結衣、中嶋朋子、林家正蔵

山田洋次、監督50周年記念作品、小津安二郎監督にオマージュを捧げる作品

瀬戸内海に浮かぶ小島から東京に住む三人の子供達の元へ老夫婦(橋爪功、吉行和子)が東京に住む三人の子供を訪ね上京して来る。長男(西村雅彦)は西東京で開業医、妻(夏川結衣)と男の子が二人。長女(中嶋朋子)は下町っぽい所でクララ美容院を経営、夫(林家昭蔵)と二人。二男(妻夫木聡)は舞台美術関係の仕事をしている。家族水入らずの再会も束の間、直ぐに生活リズムの違いから軋轢が生じてくる。救いは二男の婚約者紀子(蒼井優)、母親のとみこと直ぐに打ち解ける。だが、とみこは長男の家に戻ると突然倒れ、帰らぬ人になる。淡々とした展開から突然の禁じ手で観客の心を揺さぶってくる。瀕死の母親に対する二男のけなげで、魂から絞り出すような悲痛な叫びに心打たれる。そこから予告編でも流されている、病院の屋上での父親との掛け合いのシーンになる。ここは予想より淡泊、もっとじっくり観客の心を鷲掴みにしても良かったと思う。母親が亡くなっている病室で長女が母親の葬儀の準備の話しをし始めるシーンは超リアル、その気持ちはわからないではないが。。。更に田舎での葬儀が終わった後、形見分けを求める長女には怒りさえ覚える。
中嶋朋子さん、流石に芸達者だ。仕事にかこつけ東京へ帰って行く長男長女、残ったのは次男と婚約者紀子だ。ここで救ってくれるのは優ちゃんだ。父親が紀子の性格をしっかりと理解し息子を託すという、父親と義理の娘とのシーンは、娘を嫁がせる父親の複雑な気持ちと同じ程度、感動的なシーンだ。
ベースになっているのは小津監督の「東京物語」、二男の嫁が未亡人だとか、田舎に三男と次女がいるとか、微妙な設定が違うだけで、ほぼリメーク。
家族だと関係が濃過ぎてお互いに甘えが出てしまう。ちょっと離れた関係の方が節度有るつき合いが出来て良いのだろうか、それともちょっと冷たい家族関係を描きたかったのだろうか。それとも出来が良く親にとって良い子供より出来の悪い子供の方が情愛は深いということだろうか?
人の世とは悲しい社会のようだ。

水準以上で良い作品だが、もう一つ何かが足りない。 B+の88点。
[PR]
by asat_abc | 2012-12-19 06:33 | 映画_新作
<< 鈴木砂羽の魂の叫び!「しあわせ... 「ドラゴンゲート」、ジェット・... >>