「007は二度死ぬ」、ショーン・コネリーの毛がハサフサ

本年度184本目

六本木での試写会は、
ショーン・コネリー主演で日本が舞台になった1960代?の作品だ。
共演には若林あきこ、浜美枝、そして丹波哲郎が出ている。
相撲に和室の畳の部屋と忍者、
そして素潜りするあまさんで日本情緒を紹介しながら
007を楽しもう、という趣向の映画だ。

ショーン・コネリーも若い!
髪の毛もふさふさしている。
この人にはラブシーンが似合っていて、その辺のところはさほど古さを感じない。
一方、ダブルオー7シリーズの売りであるメカニックは
ほぼ半世紀前の事だけに今となっては古めかしいの一言。
宇宙船なんぞは笑えるくらいちゃっちい。

このシリーズ、明るく娯楽性に富んではいるが、嘘っぽい作風が好きになれず観ることが無かった。

現在のシリーズは、ダニエル・グレイグ。
ガチンコ風で、お色気抑え目なスリルとアクション中心が中心になり、
俄然好みになってきた。
新作、「スカイフォール」も期待しているし、
グレイグ以前の過去の作品も観たくなってきたのだが、
その必要はなさそうだ。
[PR]
by asat_abc | 2012-11-19 06:17 | 映画_旧作
<< 「アナザー・ハッピーデイ」、瑞... 「WE ウォリスとエドワード」... >>