人気ブログランキング |

「白雪姫と鏡の女王」童話の世界でコメディを楽しんで

何故か白雪姫が流行ってます。
白雪姫は西洋の社会ではメルヘンのスターなのでしょう。
だからいつの時代にも何度となく映画化されることになるのでしょうし、
描き方も斬新なものが出てきます。
今回はジュリア・ロバーツを前面に出し、浪費大好き王女のコメディです。
白雪姫と言えば
継母、鏡の魔女、7人のこびと、毒リンゴ、そして王子さま
がキーワードですよね。
白雪姫には、可憐なリリー・コリンズちゃん、
お城に閉じ込められて外出したことのない世間知らずの無垢なお姫様です。
どちらかといえばお姫様衣装よりボーイッシュな服装の方が似合ってました。
7人のこびと達は竹馬にのった大男風の盗賊団で登場します、今年は出演作が沢山あって良かったですね。
一番笑わせてくれるのは王子さまのアーミー・ハマーです。
何度も胸毛ボーボーのセミヌード姿にされて、間抜けに演じてくれています。
ジュリア王女の策略で子犬用の惚れグスリを呑まされて
さぁ大変、とっても笑わせてくれます。
堅苦しさは一切なく、ケラケラ乾いた笑いがこぼれるのですが、
大の男の大人が当日料金を払って観るほど価値があるとは、
私にはとても言えません。
by asat_abc | 2012-09-05 06:48 | 映画_新作
<< 「コッホ先生と僕らの革命」ドイ... 「トータル・リコール」前半は面... >>