「テルマエ・ロマエ」阿部寛は役者だ

阿部寛主演、上戸彩共演

どんな映画になっているんだろう、日本人が古代ローマ人を演じるなんて、などと半分は諦めに似た思いで観に行ったら、
不安は一掃、けっこう面白い映画に仕上がっていました。
裸のシーンが多いのでポルノ映画になっちゃわないか?(半分は期待?)
なんて心配も無用でした。

阿部寛のローマ人は外人よりも濃い顔なので、様になっているのです。
北村一輝のローマ人も、欧米人の中に入っても全然自然に見えましたし。
裸のシーン、流石に後からは隠しようが無いけれど、漫画風に隠して難(?)を逃れてましたし、
その内テレポーションする場面を工夫し、苦(楽しみ?)にならなくなってきました。


ご存知 人気コミックの映画化作品。
主人公は古代ローマ人の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)、
彼はローマの浴場が憩いの場とは真逆の華美でけたたましい場所と化している事に意を唱え、
そのせいで仕事に行き詰まり、思い詰めていると、
ひょんな事から現代日本の浴場へテレポーションしてしまうのです。
そこで見聞きした事を、再び戻ったローマで応用すると、瞬く間に人気設計技師となったのです。
どんな事をしたかというと、
お風呂屋さんの壁一面に画かれている風景画です、
それをローマの浴場でもやって見せたら大評判。
それと、風呂桶やフルーツ牛乳の小ネタも一緒に拝借。
牛乳は、フルーツ牛乳が一番!と思っている私には断然の説得力です。

その後も仕事で思い詰めると
何故かテレポーション出来ちゃうのです。

温水プールとか、
シャワートイレとか、
でもローマでは動力源がみんな奴隷、
とんでも無い事になっちゃいます。

現代日本では上戸彩扮する漫画家志望やその家族や仲間まで巻き込んで大騒動です。
その内、現代日本から大勢がローマ時代へテレポーションしたりと、
どうなるかと思いきや、上手い具合にまとめて、ハッピーエンド?です。

何か新しい発見や気付きがあるかと問われれば、ノーと答えざる得ませんが、
年に数本しか観ない人には充分に楽しめる作品だと思います。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-14 19:52 | 映画_新作
<< 「幸せの教室」手軽に一本作りました 「シェルター」「ヘルプ」出演、... >>