「シェルター」「ヘルプ」出演、ジェシカ・チャステイン

売れてくると途端に出演作が多くなるが、まだ主演とまではきていない。
でも、きっともう直ぐ主演女優になるだろう、
それが今のジェシカ・チャステインのポジションだと思います。
注目されたのは「ツリー・オブ・ライフ」、この映画は未見です。

その後続々と注目作に登場。
「テイク・シェルター」では異常な悪夢に取り付かれた男の妻役。
男が公民館のような地域のコミュニティーで
周りの人間達と決定的に反目しあい、孤立化したとき
まるで聖母マリアのように夫を慈愛に満ちた眼差しで抱きしめてあげた
そのシーンが強く印象に残りました。

「ヘルプ」では、黒人メイド達に偏見を持たない人妻シーリア役。
見た目、マリリンのようにグラマラスないでたちで、色気ぷんぷんに演じていました。
元彼を寝取られた思っている地域の女ボスに
村八分状態にされて孤立化しながらも周りに溶け込もうと健気に努力しています。
料理が苦手で、黒人メイドに料理の手ほどきをしてもらう、
ちょっと天然系の人妻をとても魅力的に演じ、新たな彼女の発見しました。

そして、
「キリング・フィールド」ではサム・ワーシントン演じる刑事の元妻で、自身も刑事の役です。
今度はとても硬派な役で、真っ直ぐに事件を追い求め、
ラブシーンなど一切ない気丈な女刑事を演じていました。

アラサー女優、女の魅力全開の時期だけに
今後期待の一人ですね!
[PR]
by asat_abc | 2012-05-09 06:47 | 映画_新作
<< 「テルマエ・ロマエ」阿部寛は役者だ 「ブライズメイズ」思いっきり笑... >>