戸田恵梨香 主演 「劇場版spec ~天~」 で~す!

いまやエリカ様といえば、
沢尻エリカじゃなくって
戸田エリカ、ってぐらい彼女の活躍は素晴らしい。

彼女の事を初めて知ったのは、
「デスノート」で主人公 夜神月をひた向きに愛する少女役。
すっとんきょだが、可愛らしい、でも声がキャンキャン声で聞き苦しい、
個性的な少女でした。

その後 LIAR GAME の神崎直ちゃん役でブレイク、
相変わらずキャンキャン声で、耳障りなんだけど、
でも、愛嬌があって可愛らしいぃ、そんな個性的な存在感のある子。

映画では、
「 闘茶~Tea Fight~ 」
c0146834_1392735.jpg

「 恋極星 」に主役で出演。
c0146834_140722.jpg

2作とも、演技は下手じゃないけど、彼女の魅力がいまいち伝わってきません。

「アマルフィ 女神の報酬」や「アンダルシア 女神の報復」での
お茶目ですっとんきょな役はけっこう はまり役で、合っているかな、
特にアンダルシアの時にはもっと登場時間を長いしてほしいと
周りから声が上がっていました。

彼女の魅力がびんびん伝わってきたのは
「LIAR GAME The Final Stage」での神崎直ちゃんの役です。
はまり役なんです、普通でない役が。
ある意味 ,仲間由紀恵と似た感じで、シリアスな役は似合いません。
でも戸田恵梨香の方がぜんぜん演技は上手かな。

当然、今回の「ライアーゲーム:再生」でも登場すると期待していたら、
神崎直というキャラは はやり尽してしまったのでしょう、お休み、残念です。
c0146834_1461440.jpg


でも、最近の はまり役 当麻紗綾 として 「Spec~天~」へ 登場です。
今回の敵も当麻の弟のニノマエです。
でも、彼女の本当の弟ではなく、クローンのようです。
ストーリーはTVの「Spec~翔~」の続きです。
敵キャラは
浅野ゆう子が二役を演じるマダム陽&陰、
本名のまま出てくる 伊藤 淳史 です。
味方キャラには
内閣情報調査室の青池(栗山千明)と宮野( 三浦貴大)です。
青池は帰国子女らしく変な日本語を使います、それと過去に瀬文焚流と
過去に何やら関係があったようで、当麻は猛烈に嫉妬します。
こんな人間関係を中心に、いつものようにドタバタ繰り広げるのですが、
他愛無い話なので、詳しい話は省きます。
c0146834_1504236.jpg

元々のTV版が 実は物語の   「起」 にあたり、
この前のTVスペシャル版の翔が 「承」 にあたり、
今回の劇場版 天 が       「転]」にあたるので
今回のヒットに気をよくして最後に「結」が用意されているような
エンディングでした。

その敵ボスキャラは 内緒です。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-02 01:50 | 映画_新作
<< 「ヘルプ」 予想と違う重厚感 「アーティスト」アカデミー作品... >>