「探偵ヨンゴン義手の銃を持つ男」、夕張国際映画祭

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」へ、
ブログスカウト事務局さまからの招待を受けて参加する事が出来ました。
会場は秋葉原UDXシアター、
作品は昨年グランプリを取ったオ・ヨンドゥ監督の最新作
「探偵ヨンゴン義手の銃を持つ男」です。
試写会前に監督へのインタビューもあり、
コメントをバッチリ聞く事が出来ました。
c0146834_11817.jpg

スラッとした体に地味なダウンをまとった姿は我々一般人と何も変わりません。
監督にとって映画とは?という質問に
「生活の一部です」とさり気なく語る芯のある人物のようです。
この映画祭に協賛しているのはスカパー!のようで、
会場には青字に白抜きのスカパー!の字が賑やかに踊っていました。

プロデューサーと監督の真面目なインタビューが終わるといよいよ試写会の開始です。

探偵ヨンゴンは雇われ探偵、
事務所では浅野温子似の経営者が威張り散らしています。
仕事はカブトムシの探索から合法的で儲かるならば何でもするというスタンスです。
そこへ仕事が飛び込みます。
依頼人はソンヒョンという美人です。
思い詰めた表情で差し出した写真の男を殺してくれと頼まれるものの、
流石に殺人は非合法です。
断わられて憤然と事務所を後にした彼女を追いかけて行くと、
彼女は謎の男達に襲撃され、不慮の事故に巻き込まれ死んでしまいます。
だが翌日その彼女にまた出会ってしまうのです。何故?
c0146834_1241749.jpg


主演の探偵役はホン・ヨングン、かなり薄口の顔立ちで
一見するとスターにはとても見えないのですが、
場面が進むほどに、だんだんと味が出てきます。
c0146834_1212165.jpg


タイムトラベルを織り交ぜたSFファンタジー探偵物語です。
この分野が好きな方にはとても面白いお話でしょう。
詳しくは↓をご覧ください
探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男


私にとっては、探偵の敵役となる男の最後に、疑問が未だ残っていますが、
話が込み合っているので、置いていかれた?
の、かもしれません。。。。



今年で22回を迎えるゆうばり国際ファンタスティック映画祭は、
北海道夕張市で2月23日~27日まで行われます。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭


[PR]
by asat_abc | 2012-02-17 01:00 | 映画_新作
<< 12年1月のベストセレクション... 「ドラゴンエイジ」、アニメと侮... >>