人気ブログランキング |

「犬とあなたの物語」ネタバレバレに斬っちゃいます

犬とあなたの物語という、こんな事あるよね風のミニストーリーを何本もつなぎ、
軽めのメインディッシュを一本だけ用意したような映画だ。

c0146834_2057819.jpg


中尾彬が目の前で犬のアキラがいたぶられる様を見て悶絶する話から始まり、
犬の飼い主をインタビューし、犬馬鹿ぶりを披露して見せたり、
内野聖陽の犬好きの刑事の物語りがあったり、
高畑淳子が家に置いてきた犬を心配して妄想するお話などなど、
コミカル風味のショートストーリーを畳み掛け、
メインディッシュには松嶋菜々子と大森南緒の切ないお話を一本、
最後にデザートとして、北乃きいの、死んでいった愛犬への思い出話、
それでおしまい。

メインの話は、松嶋、大森の夫婦が郊外に一軒家を買ったのを契機に
妻が犬を飼いたいと言い出す。
大森は幼少の頃犬を飼っていたが、車に轢かれてなくした悲しい想い出があり
難色を示すが、面倒は妻が見ると押し切られる。
だが、妻はバリバリのキャリアウーマン、旦那は家で翻訳の仕事、
結局面倒は、旦那が見ることに。
その旦那に、若年性アルツハイマーの病魔が襲い掛かる。
妻と犬が旦那様を甲斐甲斐しく世話するが、妻は看病に疲れ
犬を処分してもらおうと、保健所に申し出をするが、
おもいとどまり、取り戻しに行く。
病気が進んだ旦那は幼少の時に飼っていた犬との判別もつかなくなり
そのときの犬の名前を呼ぶが、犬はそれに答えて、ご主人様を見守る。。。


犬と人間の付き合いはながい。確かに犬と人間は様々な物語を持っている。
だが、この話達じゃなきゃいけなかったの?
というのが、見終わった後の印象。

映画製作者の意図が伝わってこず、何で今じゃなきゃいけないの?
映画じゃなきゃ駄目なの?
という感じ。
日本のTVは優秀だし、テレビで十分じゃない?
わざわざ映画にした訳は何?

素朴にそう思っちゃいました。
まぁ、あくまでも私個人の感想として。
犬好きの方、ゴメンなさい!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年日本映画 、
監督:長崎俊一、石井聡一、江藤尚志、川西純、中西尚人、水落豊
キャスト: 大森南朋、松嶋菜々子、中尾彬、内野聖陽、高畑淳子、北乃きい
by asat_abc | 2011-01-16 14:46 | 映画_新作
<< ネタバレバレに「トロン」を解説 「ハングオーバー」するほどの、... >>