人気ブログランキング |

「アバター」アバターも えくぼ?

米映画、ファンタジー&アクション。
ジェームズ・キャメロン監督、
サム・ワーシントン、シガニー・ヴィーバー出演。
c0146834_1451641.jpg

昨年暮れから話題になっていたし、
洋画では「パイレーツオブカリビアン」以来の
興行収入百億円超えが有力視されているヒット作品をようやく見ました。
ストーリーにケチをつけたいところがあるものの、
スケール感や独創的な物語りで約三時間をあきさせることなく魅せきった、
流石の作品でした。評価はA−です。

人類が鉱物資源豊かな、ある惑星の開拓をしているところから始まります。
サム・ワーシントン演じる青年は海兵隊の隊員でしたが、
半身不随で退役後、この惑星に来る事になりました。
彼の役目はアバターという先住民の姿に似せた自分の分身にのり移り
先住民と交信することでした。
彼はアバターをものの見事に操って、
先住民に溶け込んでいくのですが、
人間達は彼の情報を元に先住民達を住んでいる場所から追い払おうとするのです。

後半からの平和の為に戦おうというトーンは、
狩猟民族独特の世界感であり、
根っから農耕民族の私にはイマイチ賛同しかねるところで、
戦闘シーンが多すぎるのは不満でした。

だとしても、最初はキショク悪かったアバターが、
後半部分ではすっかり愛らしく感じたのは、
すっかりこの作品に引きずり込まれてしまったという事なんだと思います。
映画好きを自認する人なら観ておかなければならない一本です。
by asat_abc | 2010-01-18 20:30 | 映画_新作
<< 「50歳の恋愛白書」渋いアラン... 「サロゲート」近未来の夢物語 >>