人気ブログランキング |

「ザ・スピリット」、右脳で観れる人の為の映画

脚本・監督:フランク・ミラー
主要出演者:ガブリエル・マクト、サミュエル・ジャクソン、エバ・メンデス
サラ・ポールソン、スカーレット・ヨハンソン、ダン・ローリア

c0146834_22251892.jpg


エンドロールを観ながら考えました。
でも、ストーリーが上手くつながらないのです。

この映画の主人公、スピリット(ガブリエル・マクト)は
一度は死んだ身の上、何故甦ったのか、
自己の存在意義を求め、宿敵オクトパス(サミュエル・ジャクソン)に
向っていきます。
その過程で、衝撃の過去を思い出す、
というお話なのですが、ロジカルではありません。
何故ならば、この話の舞台は自分の心の中だからです。
清く正しい自分の中には、同時に悪魔のような自分が存在し、
葛藤し、苦悶しているのです。
そして、疲れた心を癒してくれるのは、自分の理想の女性、
でも理想の女性も気分次第で目まぐるしく変わって行きます。
魅惑の小悪魔、良妻賢母な清い女性等々。
まぁ、こんな風に一応理屈づけてみましたが、
本当はフランク・ミラーの映像を楽しみながら
右脳で感じ取る映画だと思いました。

ねぇ、それでいいんですよね。
by asat_abc | 2009-05-26 21:15 | 映画_新作
<< 「真夏のオリオン」、予告なしの... 「ラストブラッド」、チョン・ジ... >>