人気ブログランキング |

ポリウッド発「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」

インド映画は何本か観たことあるが、
こんなに賑やかなのは初めてです。
笑い有り、涙有り、ラブストーリー有り、
出生の秘密有り、復讐劇有り、そしてトドメは
マサラカンフーで、しめて2時間半です。
欲張り過ぎなこの映画を
勝手なイメージですが
一言で言い表すと
今の松坂慶子さんのようです。
綺麗で魅力的なのですが、ちょっとフクヨカ過ぎで、
ムダな部分を削ぎ落としましょう。
先日「愛の水中花」を歌う全盛期の彼女を見ましたが、
あと30分短かったら、
この映画も素晴らしいプロポーションになっていた事でしょう。

c0146834_23275434.jpg


ある勘違いからチャンドニー・チョークでコックをしているシドゥは
中国の万里の長城付近にある、とある村に連れて行かれたのです。
彼を連れて行った村人たちはギャングの北条一派に虐げていて、
シドゥは彼等にとっての守り神に勘違いされてしまったのです。
さぁ、それからが大変、シドゥの大冒険の始まり始まりなのですが、
ちょっと長いので、
今日のところはこの辺で。
by asat_abc | 2009-05-18 23:05 | 映画_新作
<< プラダを着た悪魔 「チョコレート・ファイター」、... >>