人気ブログランキング |

これぞクライムサスペンス!「消されたヘッドライン」

ケビン・マクドナルド監督
ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、
ロビン・ライト・ペン、ヘレン・ミレン 出演

c0146834_014427.jpg



映画にリアリズムを求めるにせよ、エンターテイメントを求めるにせよ
満足知らずの我々の心には一方の要素だけでは満足出来ない場合が多い。
この作品は、原型にリアリズムを求め、それにサスペンス味の
娯楽性をまぶした、そんなイメージの作品だった。

ラッセル演じるカル記者が追っていた事件と
まったく関連が無いと思われていた別の事件が密接につながってくる。
つながったその事件には政治家の彼の友人が絡んでいた。
この事件は、
政治家のモラル、政治と企業の癒着、男の友情、男女の友情
政治家・新聞記者の使命感、部下との信頼関係
そんなたくさんの要素を自然と意識させながら
最後のクライマックス、消されたヘッドラインへと突き進んでいくのです。

高潔な使命感に燃える政治家コリンズ役のベン・アフレック、
新米記者デラ役を演じるレイチェル・マクアダムスの
仕事に邁進しながらもどこか可憐な女性像、
そして忘れてはならないのが、ヘレン・ミレン演じる
編集局長、記者の使命と管理職としてのビジネスの
ギリギリの選択を冷徹そうに演じていた。
でも、情に弱いところが可愛いオバサンです。
それと、ロビン・ライト・ペン、ショーン・ペンの奥さんも重要な役どころで
出ていました。


この作品、見逃せない一本だと思います、よ。

by asat_abc | 2009-05-09 00:02 | 映画_新作
<< 「チェイサー」、韓流クライムサ... 「レイン・フォール」の魅力とは? >>