人気ブログランキング |

「レッドクリフ バートⅡ」、赤壁に真っ赤な焔が燃え上がる

ジョン・ウー監督
トニー・レオン、金城武出演
c0146834_1105935.jpg


今までの三国志の話から異なった設定は
前作から学習済みだが、
ここまで大きく異なると、
これはジョン・ウーが作ったまったく新しい三国志と言わざる得ない。
とは言っても、死んでいない曹操を殺してしまうような、
史実を曲げる事は無かったのですが。
でも、一瞬疑ってしまうシーンはあったのですよ。
そして、
ここまで演出してしまうと、
三国志ファンの中にはこの雄大な歴史絵巻きを
否定してしまうのではと
勝手に心配してしまいます。

三国志自体を知らない人にとっては、
バートⅠの簡単な説明付きなので
わかりやすく大いに楽しめた事でしょう。
なんといっても、
赤壁の戦いシーンは
こんな言葉で表現するのは不謹慎かもしれませんが、
とてもスケールが大きく雄大でした。
凄くお金がかかっているんだろうなって、
変に感心して観ていました。

でも
ジョン・ウー監督のこの映画にかけた想いは
陳腐ですが
きっと反戦の願いだったんだろうと
思いました。

この作品の評価は
改めてしたいと思っています。
by asat_abc | 2009-03-25 21:58 | 映画_新作
<< 「ハンコック」は神様だった? 「マーリー 世界一おバカな犬が... >>