「イエスマン」キャリーは最高!

ペイトン・リード監督
ジム・キャリー主演
テレンス・スタンプ、ズーイ・デシャネル共演

スティーブ・カレルの間のある笑いも良いけれど、
ジャック・ブラックのほのぼのとした笑いも良いけれど、
わたしゃ、
ジム・キャリーのハイテンポな笑いが
一番好きなようです。
途中から顔がにやけっぱなしなのが
自分でもわかるぐらい楽しみにました。
いつもならエンドロールの最中に
沢山の人が席を立つのに、
今日は余韻を楽しんでいるようでした。

c0146834_124138.jpg


ジム・キャリーにはやっばりコメディが似合います。
最近のキャリーは色々冒険しているようですが、
一昨年みた、「ナンバー23」は最悪でした。
彼の出演作品の中ではワーストです。
(全部観た訳じゃないですが)

お話は単純、
どんなときにも、
イエス、と答えなきゃならなくなったジム演じるカールが
それによってボジティブで仲間の多い明るい魅力的な男性になるというものです。

そんな事は気にせず、
ジムキャリーのハイテンポで弾けたコメディを楽しみましょう!
[PR]
by asat_abc | 2009-03-17 20:59 | 映画_新作
<< 「フロスト×ニクソン」、ネタバ... フランス映画祭「西のエデン」 >>