「ハルフウェイ」、北乃きいの恋バナ



一昨年「幸福の食卓」で観て以来の北乃きいチャンの作品。
あの時は自分の気持をセーブする優等生だったが
今回は自分の気持ちにストレートであろうとするあまり、
相手の気持ちを思いやれない
かなり我が儘な役を可愛く演じていた。

c0146834_21552910.jpg


お話しは高校生の他愛ない純愛物語り。
大学受験で東京の大学を受けようとする彼氏を
無理矢理、地元の大学に代えさせる悪い彼女。
この二人の純粋な恋バナだけのお話し。

彼氏を岡田将生クンが、
男から観ても惚れ惚れするかっこ良さで演じていた。
彼の友達役もかっこ良いと思って観ていたら、
赤い糸の溝端淳平クンだった。

ロングバケーションやビュティフルライフの
脚本を手掛けた北川悦吏子が初めて監督をした。

北川監督は
従来の淀みの無いセリフの言い方ではなく
自然なセリフの言い方にする事によって
10代の切ない恋心をピュアな感覚で描いていた。
この試みはある程度成功していたと思う。


[PR]
by asat_abc | 2009-02-10 20:41 | 映画_新作
<< ベニチオ・デル・トロの「チェ3... 「愛のむきだし」、凄い迫力に圧... >>