「ストリートファイター」、チュンリー誕生秘話


厳しい時こそ立ち向かえ、なんて事を言いながら、
チュンリーは悪党に立ち向かって行くのです。
そして最後には
カメハメ波もどきの秘術で父親を殺した宿敵を撃破するのです。

が、
幾らゲームが原作だからとはいえ、物語りが単純明快過ぎるし、
人が簡単に殺され過ぎです。
最後のクライマックスシーンなんぞは、
ホワイト・ローズ(敵ボスの娘)の目の前で、
敵ボスをやっつけちゃうんですから、
ドライと言うべきか、いい加減と言うべきか、
はたまた、残酷と言うべきか。


話しも終盤に差し掛かった頃、
チュンリーは宿敵に捕らえられていた父親とようやく再会できました。
なのに、会ったと思ったら
その父親はアッサリと殺されてしまいます。
そんな状況にも健気なチュンリーは
へこたれず、悲しみを持ち込みません。
あまりにも健気過ぎます、ドライ過ぎます。。。。

c0146834_5592532.jpg


この物語りで、彼女の精神的支柱になったのは、
ゲンという師匠ですが、
ウッチャンナンチャンの南原に似ていて、笑いを抑えるのに苦労しました。
この師匠の不死身さ加減がまた、脅威です。


兎に角、突っ込みたくなるところ、満載のチュンリーのお話しでした。

でも、原作の好きな人や
年に数本しか映画をみないアクション好きの人は楽しめると思います、よ。
[PR]
by asat_abc | 2009-02-09 21:01 | 映画_新作
<< 「愛のむきだし」、凄い迫力に圧... 「ララピポ」、風俗嬢へ沈めてしまえ! >>