人気ブログランキング |

「余命」何回くらいキスしたかなぁ?


病に伏せった女の前にようやく男は現れた。
近づく男の胸元を女は力一杯 叩く。叩く。叩く!
そして抱きつく。
「頑張ったね。怖かったろう」 男の言葉に女は応える。
「怖かった、もう帰って来ないのかと思った。」

c0146834_1053298.jpg


半年前、女は子供を産む決意をした。
だがそれは自分の身を犠牲にする覚悟でもあった。
彼女の体には乳癌が再発していたのだ。
治療すればもう子供を産むチャンスはなくなる。
自分の身体と引き換えに故郷の奄美の夕陽のもとで
彼女は子供を産む覚悟を決めたのだった。



最初は低空飛行、どうなることやら、心配してしまった。
後になってその理由の一端がわかった。
松雪さんの演技が固いのだ。
女流作家、谷村志穂の描く主人公の滴(しずく) になろうとするあまり、
観客を置いてきぽりにして、
自分だけなりきってしまっていのだ。


夫役の椎名桔平がマツユキさんに囁くように
「いままでにキス何回くらいしただろう」なんてキザな言葉を
囁いているシーンが何度かあったが、

こんな言葉をさらっと言える男はどれ程いることだろうか、
なんて事を考えながら観ていた。
by asat_abc | 2009-01-28 21:20 | 映画_新作
<< 「ベンジャミン・バトン」男女の... 「ワルキューレ」決断しない政治... >>