「我が至上の愛 アストレとセラトン」

今年劇場観賞一本目です。
これを最後に引退を表明している
エリック・ロメール監督作品で、
彼が人生の最後に行き着いた至上の愛の形を描いた作品です。
老齢監督の作品なので変な力か入っておらず、
心と体をリラックスさせ、
途中でBGMの心地良さに眠っても良いと思うぐらいの気持ちでないと、
観ていられなくなってしまうと思います。
気分が急いているときは、ドンヨリと進むスピードにイラツクでしょうし、
気分が高揚している時は、とんだ喜劇に思えるでしょう。
万人に受ける作品ではないのです。

時は4世紀のローマ時代、
セラトンはアストレへの一途な愛を疑われ、
自分の前に姿をあらわさないでとまで言われ、
河に身を投げた。
一命を取り留めたものの彼女の言葉がのしかかり、
彼女の前に姿をみせれなかった。
そんな事とは知らないアストレは彼の事が忘れられない。
そんな彼等を気遣い、僧侶がセラトンに女装させ、
二人を引き合わす。
嫉妬深そうなセラトンの従姉妹と名乗る女性の存在もあり
二人の行く末は、どうなることやら。

c0146834_10192322.jpg


セラトンの行動は
我々の時代では考えられないものです。
一度死のうとまでして助かった命、
先ずはアストレに生きている事を知らせ
それでもまだ嫌っているのかどうかを
確認するのが普通だと思うのですが、
セラトンは頑なに彼女の言葉を信じて会おうとしません。
このへんが理解に苦しむ所なのですが、
この老監督は
相手を一途に思いやる事の尊さを説いていたのだと思うのです。
自分の気持ちを伝える前に
相手の気持ちを思い遣る献身的な心遣いこそ至上の愛なのだと。

まぁ万人受けする作品ではないので、
観ようとする方は覚悟して劇場へ向かってください。
[PR]
by asat_abc | 2009-01-21 23:13 | 映画_新作
<< 「善き人のためのソナタ」は心打つ名作 「チーム・バチスタの栄光」回顧 >>