「007慰めの報酬」

マーク・フォースター監督
ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュ・アマルリック出演

今年の三本目は007
前回の「カジノロワイヤル」の一時間後から始まったお話は、
最初っからヒートアップ。
物凄いカーアクションから直ぐに寺院の屋根づたいの追い掛けっこと
濃厚なアクションが続き、場面はめまぐるしく展開していくのです。

c0146834_10243197.jpg


やがて舞台をボリビアに移し、
今回最大の敵役が現れると同時にボンドガールも現れます。
残念な事に今回の敵役のマチュに大物感が漂わず
逆に線の細さを感じたのは私だけでしょうか?
だから最後、
敵役の敵ボスをひと思いに決着をつけれず
逆に残酷な殺し方になってしまったような気がします。

アクションは流石007なのですが、
前回のカジノロワイヤルを正しく理解しておかなければ、
理解に苦しむのと、
めまぐるしい展開についていく心の準備しておく事をお奨めします。


一級品のアクション映画です。
[PR]
by asat_abc | 2009-01-16 06:15 | 映画_新作
<< 「チーム・バチスタの栄光」回顧 ほのぼのなのにハラハラドキドキ... >>