「ミラーズ」はサスペンスショッカー

アレクサンドラ・アジャ監督
キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン出演

c0146834_17354110.jpg


アメリカのホラーも新しいタイプのものを模索しているようだ。
でだしのシーン。
宇宙人ぽい男が凄い形相で地下鉄構内を逃げ回る。ようやく安全な場所を見つけたと思ったのも束の間、彼等は見逃してはくれなかった。男は必死に命ごいをするが、
処刑されてしまう。
鏡の中に誰かがいる。
プロローグはハイテンションだ。
殺された男の職場の後釜としてベンは勤務し始めるのだ。やがて彼にも鏡から覗かれているような感触が。
妹が奴らに殺られ、次には最愛の家族が狙われ始める。
彼は原因を突き止めるべく、ある女性を探し求める。
超常現象だけに頼る事なく、ストーリーも大切にして、鏡の中で悪さする奴らの原因を解き明かそうと
組み立てている点は好感もてたものの、折角一般人に戻った人に、再び悪魔の相手をさせようなんて、家族のためとはいえ、都合がよすぎませんか!
って言いたくなりました。
まぁ、結末がせめてもの救いですが。
[PR]
by asat_abc | 2008-12-08 21:42 | 映画_新作
<< 「反恋愛主義」は楽しめるアラサ... 「252 生存者あり」に泣かさ... >>