「デス・レース」ただひたすらのハード・アクション

ホール・アンダーソン監督
ジェイソン・ステイサム、ジョアン・アレン出演

c0146834_23403488.jpg


一応ストーリーは有るものの、
そんなの付け足しで
ただひたすら、カーレースを堪能すれば良いという映画なので、
他の事は期待しないで観れば充分楽しめます。
気分が滅っている時には、スカッとするでしょう。
と言いながら、チャンとしたストーリーも
あるには有るのですよ。
近未来、アメリカでは刑務所までも民営化され、デスレースが行われていた。
デスレースとは刑務所が囚人をレーサーに仕立てあげ、最後の一人になるまで戦うカーレースだ。
視聴率を得るために
徹底的に闘う現代のグラディエイターである。
エイムズはレーサーとしての腕をかわれてしまったばかりに、妻殺しという無実の罪をきせられて、
レースに参加させられる羽目になる。
チャンとしたストーリー、あるでしょ!
ところが、直ぐに妻を殺した相手がわかり、普通なら一番最後に復讐のシーンを持ってくるというのが定番なのが、アッサリ復讐しちゃいます。
それなりにストーリーは組み立ててはいるものの、あまり重要視はしておらず、あくまでもカーレースがこの映画のメインなのです。
最後にテロップで
良い子は真似しないでね、てきな事が書かれていましたが、
誰も真似できませんから!
[PR]
by asat_abc | 2008-11-18 00:08 | 映画_新作
<< 「青い鳥」、本郷奏多の舞台挨拶 危険な味覚が「1408号室」の正体 >>