「ハッピーフライト」楽しくなる映画

良い映画です、だって楽しい気分になれるんだから。



はるかは、国際線初フライトです。
彼女の教官はきつそうな寺島オバサンです。
その上、先輩はいけずそうな吹石お姉さんです。
さて、どんだけいびられるやら。
機長は田辺、見習い中です。
彼の教官は甘い小日向から、厳しそうな時任に突然変更になっちゃいました。
このフライト、色んな事が起きそうな雲行です。

早速はるかちゃん、お客さんのクレームで
寺島オバサンの逆鱗に触れ、ショック状態です。
でもここは、立ち直りが早く、得意の料理で仲間を助け、
みんなと溶け込む事が出来ました。

c0146834_5495064.jpg


アテンダントのチームワークは良いのですが、
機長と教官の関係は微妙です。
見習いパイロットの田辺が軽~く外してくれます。
そんな弛そうな雰囲気の時に、機体に異変が起きてしまいます。
どうもカモメがぶつかった為に計器が故障しちゃった様なのです。
このままでは、ホノルルに着けそうもなく、この便は羽田に逆戻になりました。
でも、東京には、台風が待受けていたのです。
さて、このフライトの結末は如何に。

台風から機を守るため、沢山の人達の注意と努力と愛情が注がれます。
その様が、さりげなく描かれます。
機体は幾多の困難に合い、ハラハラどきどきの連続です、でも、これだけみんなの注目を受け、絶対ハッピーエンドだというオーラが漂い、安心でした。

とてもハッピーにしてくれる映画でした。
[PR]
by asat_abc | 2008-11-04 21:14 | 映画_新作
<< 「TOKYO_JOE」マフィア... 「さよなら、いつかわかること」 >>