ダイアリー・オブ・ザ・デッド


c0146834_22482925.jpg

上の写真のように
ダイアリー・オブ・ザ・デッドを紹介する男の顔の凄さに、
とても怖いホラーを期待したのですが、
予想に反して、余り怖さのない、
どちらかといえば人間の怖さに着目した作品でした。

撮影方法も、
「レック」で取られたホームビデオで臨場感をかもしだすという手法で、
いまとなっては目新しさがないどころか、
陳腐にさえ思える手法でした。
ジョージ・ロメロ監督だから観たというのに、
期待ハズレもいいところです。

彼はこの作品を通して何を訴えたかったのか、
是非聞きたいものです。

かなりの大ハズレ作品でした。
[PR]
by asat_abc | 2008-10-27 20:37 | 映画_新作
<< 「長江哀歌」、豊かさが生み出すもの 「ボディ・ジャック」、大勢の舞台挨拶 >>