<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「ガール」一本で四つ味が楽しめます

久々に試写会で観賞したけど、
劇場で観るのとは音響がまるっきり違って、なに言ってるか聞き取れないし、
なにより画面の大きさが違いすぎるよね。
試写会なので贅沢言えないけど、もう少し良い環境で観たいもの、
良い作品だっただけにハズレの事を考えて試写会にした自分の選択をかなり後悔しちゃいました。

女性にも様々なタイプがいるもので、
この物語に出てくる4人、
ガールと言うには少しくたびれかけてきた4人だけど
背伸びしながら頑張っちゃてる姿に好感がもてるんだよね。
頑張ってる分、反動で叩かれる時も強く叩かれ、メゲそうになるけど、
目的を達成したときには、声を出して喜びたくなる気持ちが
ストレートに響いてきました、
特に麻生が女同士の健闘をたたえ合い、抱擁しあうシーンは
思わずこちらまでグッときちゃって、
後ろの席の女の人なんか嗚咽の声を漏らしちゃうほど、
拾い物の一本でした。


由紀子(香里奈)、聖子(麻生久美子)、容子(吉瀬美智子)、
孝子(板谷由夏)の4人はアラサーのお友達、
由紀子は広告代理店に勤める29歳、この年齢にモーレツに焦りを感じ始めてる。
男の30歳はあまり意識もせずに去って行ったけど、
女性の30は一つの転機になるのかな?
聖子は34歳、管理職のキャリアウーマン、
年下の部下の抵抗に大人として対処してたけど、男の妬みの闇はワイルドたぜ! かな。
容子はそれなりのキャリアウーマンで34歳、
一回り下のイケメン新人の教育係を任されるが、その子にときめき始めます、
男だって女だって若くて綺麗なものが好きに決まってる。
孝子は36歳、離婚して男の子を一人で育て始めたばかり、
毎日悪戦苦闘中だが、自分を信じ切った子供に癒されている。

そんな4人の 現状 → 課題 → 対策 → 未来
が男の監督の目から綴られているから、
女性を温かく見守る応援歌になっていたと思う。
ホントは香里奈の話をメインにしたかったんだろう、
向井理を恋人役に、仕事の目標となる先輩として壇れい、仕事の障害となる女性に加藤ローサを配してたんだから。
でも、観客へのインパクトは麻生久美子の話しにすっかり持ってかれちゃいました。
残りの二つはどちらかといえば小ネタの扱い?かな。
特に吉瀬美智子の話しなんかは、一回り下の新入社員にときめいちゃう話しだから、
漫画風になるしかないよね。

それなりに楽しめた四つの味の中で気に入った部分、
吉瀬のシーンは
年下くんと食事を一緒に食べに行くことになった喜びを
エレベーターを使って表すシーン、
本人を前に嬉しさを素直に出せないから、
エレベーターを手軽な個室にみたてて、その場で地団駄踏んで喜ぶ姿を一瞬だけみせて、
その音で喜んで姿を連想させる、
そんなシーンは最後の方です。

板谷由夏のお母さん役では、
寝ている子供を優しく撫でていたら、
目を醒ました男の子が、「ボク、お父さんなんかいらないからね」
って、呟やくシーン。
こうやって母親は父親の要らない世界を子供と築き上げてゆくのか?
などと不思議な感覚になりました。

香里奈のシーンは
香里奈というより、吹っ切れた壇れいの演技に魅惑されました。
お嬢様じゃもうやっていけない時を知ったんだよね、
可愛い子ぶりっこする彼女も可愛らしい!
まぁ、美人は何をやっても絵になるということでしょうね。

メインは麻生久美子さん!
どうしてもおさまらない怒りを要潤演じる年上の部下に叩きつけるシーン。
コイントスでどちらかが「会社辞めましょう!」と迫る表情は
すきっと晴れやかなものではなく、
必死に虚勢をはった緊張感溢れる表情でそれが逆にホントらしさを引き立てるように感じました。
そして、のってこない男の弱腰を詰ってトイレという個室に駆け込むと
あとを追ってきた戦友ともいうべき女性部下と熱く抱擁!
私がその部下なら、「あなたに一生ついて行きます!」と言っているでしょう。

男性監督だからこそ、女性を美しく、か弱く繊細に、そして強くたくましく描いた映画でした。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-21 06:38 | 映画_新作

「幸せの教室」手軽に一本作りました

トム・ハンクスとジュリア・ロバーツ共演

トム・ハンクス演じるラリーが学歴を理由に急に解雇を申し渡されて、
有無もいわさず悪戦苦闘する様から畳み込んでくる所までは
映画に直ぐ溶け込めたものの、
二人が仲良くなる経過がまるっきり描かれていず、
それにつっかかり始めたら映画全体が薄っぺらに見えてきました。
まるっきりご都合主義のラブコメ風ヒューマンドラマで
インスタントで一丁出来上がりみたいな映画です。
いずれテレビで観ましょうで、充分です。


ラリーはUマートという大型ホームセンターの従業員ですが、
突然学歴を理由に解雇されます。
やもめ生活とはいえ住宅ローンをいっぱい抱えての身には応えます。
こんな歳では再就職先もままならず、
発想を転換し、大学に通うことに。
そこで出会ったのがジュリア扮するやる気がいまいちどころか、かなりかけた先生です。
ここからはラブコメの定石風に
大学仲間も絡め、軽〜く笑わせてくれたり、
納得させてくれたりと
ストーリーは進んでゆきますが、
薄っぺらな組立なので淡々とした流れで薄口ドラマだけが際立ってきてしまいます。
救いはジュリアと夫のやり取りです。
エロサイトばかり見ている巨乳好きの夫を強烈になじるジュリアへ
夫が仕返しとばかりにジュリアの貧乳ぶりをなじるところは、
きっとジュリア自体の評価と重なるんだろうなぁと納得してしまいました。
でも「エリン・ブロコビッチ」では巨乳ぶりを全面に出してたはずなのに。。。?
それとラリーに服装センスなどとても親切に指導してくれ女子大生役の
ググ・バサ=ロー↓ はとても魅力的だったので、きっとこれから注目されるでしょう。
c0146834_1015264.png

さて、評価は、ブルース・ウィリスの出演作品に
特に感じていた事ですが、トム・ハンクスにも
同じ事を言わなきゃならないとすると、
とても残念です。
こんな作品に出始めたら昔のスター扱いになっちゃいます。
主演を取れる内にもっともっと役柄を選ばないと、
ですね。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-16 20:48 | 映画_新作

「テルマエ・ロマエ」阿部寛は役者だ

阿部寛主演、上戸彩共演

どんな映画になっているんだろう、日本人が古代ローマ人を演じるなんて、などと半分は諦めに似た思いで観に行ったら、
不安は一掃、けっこう面白い映画に仕上がっていました。
裸のシーンが多いのでポルノ映画になっちゃわないか?(半分は期待?)
なんて心配も無用でした。

阿部寛のローマ人は外人よりも濃い顔なので、様になっているのです。
北村一輝のローマ人も、欧米人の中に入っても全然自然に見えましたし。
裸のシーン、流石に後からは隠しようが無いけれど、漫画風に隠して難(?)を逃れてましたし、
その内テレポーションする場面を工夫し、苦(楽しみ?)にならなくなってきました。


ご存知 人気コミックの映画化作品。
主人公は古代ローマ人の浴場設計技師ルシウス(阿部寛)、
彼はローマの浴場が憩いの場とは真逆の華美でけたたましい場所と化している事に意を唱え、
そのせいで仕事に行き詰まり、思い詰めていると、
ひょんな事から現代日本の浴場へテレポーションしてしまうのです。
そこで見聞きした事を、再び戻ったローマで応用すると、瞬く間に人気設計技師となったのです。
どんな事をしたかというと、
お風呂屋さんの壁一面に画かれている風景画です、
それをローマの浴場でもやって見せたら大評判。
それと、風呂桶やフルーツ牛乳の小ネタも一緒に拝借。
牛乳は、フルーツ牛乳が一番!と思っている私には断然の説得力です。

その後も仕事で思い詰めると
何故かテレポーション出来ちゃうのです。

温水プールとか、
シャワートイレとか、
でもローマでは動力源がみんな奴隷、
とんでも無い事になっちゃいます。

現代日本では上戸彩扮する漫画家志望やその家族や仲間まで巻き込んで大騒動です。
その内、現代日本から大勢がローマ時代へテレポーションしたりと、
どうなるかと思いきや、上手い具合にまとめて、ハッピーエンド?です。

何か新しい発見や気付きがあるかと問われれば、ノーと答えざる得ませんが、
年に数本しか観ない人には充分に楽しめる作品だと思います。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-14 19:52 | 映画_新作

「シェルター」「ヘルプ」出演、ジェシカ・チャステイン

売れてくると途端に出演作が多くなるが、まだ主演とまではきていない。
でも、きっともう直ぐ主演女優になるだろう、
それが今のジェシカ・チャステインのポジションだと思います。
注目されたのは「ツリー・オブ・ライフ」、この映画は未見です。

その後続々と注目作に登場。
「テイク・シェルター」では異常な悪夢に取り付かれた男の妻役。
男が公民館のような地域のコミュニティーで
周りの人間達と決定的に反目しあい、孤立化したとき
まるで聖母マリアのように夫を慈愛に満ちた眼差しで抱きしめてあげた
そのシーンが強く印象に残りました。

「ヘルプ」では、黒人メイド達に偏見を持たない人妻シーリア役。
見た目、マリリンのようにグラマラスないでたちで、色気ぷんぷんに演じていました。
元彼を寝取られた思っている地域の女ボスに
村八分状態にされて孤立化しながらも周りに溶け込もうと健気に努力しています。
料理が苦手で、黒人メイドに料理の手ほどきをしてもらう、
ちょっと天然系の人妻をとても魅力的に演じ、新たな彼女の発見しました。

そして、
「キリング・フィールド」ではサム・ワーシントン演じる刑事の元妻で、自身も刑事の役です。
今度はとても硬派な役で、真っ直ぐに事件を追い求め、
ラブシーンなど一切ない気丈な女刑事を演じていました。

アラサー女優、女の魅力全開の時期だけに
今後期待の一人ですね!
[PR]
by asat_abc | 2012-05-09 06:47 | 映画_新作

「ブライズメイズ」思いっきり笑えました!

「ハング・オーバー」と類似品であるかのような売り込み方、
比較する評論を良く目にしますが、
ハッキリ言えます、こっちの方が断然笑えて楽しめます!
そして含蓄とメッセージも盛り込まれています。
期待を裏切られる作品が多い中で、
ある意味拾い物の一本です、うけあいます。

ストーリーは見かけ単純です。
経営していたケーキ屋は失敗、彼氏にはセフレ以上には見てもらえず、
部屋は同居人から立ち退きを迫られるどん詰まり状態のアニー。
唯一の救いは親友のリリアンだけ。
そんな折り、リリアンから結婚を打ち明けられ、ブライズメイズのオナーを頼まれる。
当然引き受けてはみたものの、それが簡単じゃない。
仲間になる筈のブライズメイズの面々、キャラが立つお友達ばかりだ。
オナーになりたがるセレブな人妻のヘレンは、アニーの座を横取りしようと虎視眈々としているし、
予測不能な行動で周りに事件を引き起こしそうなのはメーガン、
新婚ほやほやで清楚でウブなんだけど、ふわふわしているベッカ、
男ばかり三人の子持ちで欲求不満気味でよからぬ事を狙ってるリタ。
このメンバーで一番厄介なのはヘレンだ。
金に物を言わせてオナーの座を狙ってくる。
最初の親族・親友・関係者達の顔合わせの場で早速事始め。
オナーの紹介でサラッと自己紹介したアニーの座を早速奪おうとマイクパフォーマンス、
これがアニーより一枚も二枚も様になっているから始末におえない。
得意満面になっていくヘレンと追い込まれていくアニーの表情には、笑わされてしまう。
花嫁とブライズメイズ達が花嫁衣装を見に行くシーンでの出来事。
事前に行ったアニー、オススメの料理屋、美味しかったけど不潔で見栄えが良くなかった。
ヘレンだけは料理に一切手を付けていなかった。
他の面々は突然吐き気と便意にみ舞われる。
トイレに駆け込むメーガン、ベッカ、リタ。
ベッカとリタは便器に向かって吐きまくるが、メーガンは便意の方、さてどうする。
アニーはヘレンに揶揄されながらもじっと耐えるが顔面蒼白、すごいメイクでそのやせ我慢の様子がびんびん伝わってくる。
ウェディングドレスを着たリリアンにも便意が襲ってくる。
この店のトイレはもううまっているからと、道路を隔てた店に向かうも、我慢しきれず道路の横断中に。。トホホ、のホ
その様子たるや、抱腹絶倒、笑いの神が降りてくる。
女性中心の映画なのでリアルになりすぎず、ちょうど良い案配で想像力を掻き立てるから妙に響いてくる。

ヘマしまくっているアニーも式直前の花嫁へのプレゼントで汚名挽回をはかり、成功したかにみえたその時、
ヘレンが花嫁に高価でリリアンが夢見てた取って置きのプレゼントを提供し、ぶち壊す。
その瞬間 アニーの何かが切れてしまった。
その切れ方がハンパなくこちらが痛くなってくるほど。
アニーの最後の心の拠り所のリリアンをヘレンに奪われてしまったと思ってしまったのだ。

アニーは自分の変なこだわり、意地、プライドで自分自身をどん詰まり状態に追い込んでいることにまだ気付いていないのだ。

それを気付かせてくれたのは、新しいボーイフレンド ローズの存在だ。
彼がアニーの変なこだわりに気づかせてくれ、
もう一度自分が望んでいるケーキ作りへと立ち向かわせてくれる。

人間一番好きな事をしている時が素直になれるのだろう。

兎に角笑えて、ちょっと切なくなって、明るく前向きになれる
オススメの映画です。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-09 00:56 | 映画_新作

「ヘルプ」 予想と違う重厚感

c0146834_2349245.jpg
「ヘルプ」の予告編と黄色のイメージカラーから勝手な想像をしていたようです。
もっと軽やかで、ユーモラスな作品を予想していたのですが、
考えてみれば人種差別を中核に据えた作品ですよね、
軽妙なものになる筈も有りません、
結構ズッシリとそれなりに重さのある映画でした。

作品的には主人公のスキーターがもっともっと一人空回りするぐらいに
熱血的に動き回るのかと思いきや、
そういうわけでもありませんでしたね。
強引に感動を煽る事も無く淡々と黒人メイド達の置かれた状況を描く、
薄口な感じの映画でした。



出演は
主人公のスキーターはエマ・ストーン、
(ホントは綺麗なのに)程よくブチャイクに見えるように扮しながらも、
めげずに真っ直ぐな性格を押し通す女性役を演じています。
共演陣は
アカデミー賞助演女優賞候補、エイビリーンを演じたヴィオラ・デイバィス、
アカデミー賞助演女優賞を獲得したのはミニー役の方、オクタヴィア・スペンサー
憎らしいほどの敵役ぶりを発揮して、この映画でたっぷり濃い存在感をみせるのは、
ブライス・ダラス・ハワード扮するヒリー。
少しお馬鹿そうだけど魅力的で肉感的な人妻を演じたのは、
シーリア役のジェシカ・チャステイン。
監督はテイト・テイラーです。
c0146834_23493982.jpg


1960年代頃、ミシシッピのある街での出来事、
上流階級に属するスキーターが
大学を卒業して故郷へ帰ってきたところから始まります。
彼女、いちおう新聞社のコラムニストとして働く事になる新米職業婦人です。
上流階級の家庭には黒人のメイドがいるのは当たり前。
スキーターの同窓生達は早々と結婚し、
有閑マダム然とメイドを顎でこき使った生活をおくっています。
小さいときは母親よりも親しい存在で、
黒人のメイドに、愛情たっぷりに育ててもらったというのに、
成人するとそんな事は一切忘れ、下僕として扱う、
当時は当たり前の事だったのでしょうが違和感を感じます。
挙げ句には、病気が移ると大変だからと、
黒人専用のトイレを屋外に作ってしまうほど。
それでも黒人達はその仕打ちに耐えていたのです、
腹の中は煮えくり返るような思いで。
たった今から50年前は、そんな時代だったのです。
スキーターはこんな状況に疑問を抱き、
メイド達の置かれた境遇を世に訴える本の執筆に取り掛かるために、
協力してくれるメイド達を探しはじめだのでした。
最初は職を失う危険を感じて協力を拒否していたメイド達の中で、
エイビリーンとミニーは協力してくれるようになります。
だが、白人有閑マダム達の中でも
実の母親を老人ホームへ入れてしまうようなハワード扮する、
女性コミュニティーのボス、ヒリーは、
メイド達への対応も熾烈です。
黒人専用のトイレを作るように提唱したのも彼女だし、
永年彼女に仕えているメイドが子供の学費の援助を願い出た時にも、
辛辣にNOを言い渡しました。
顔つきがもう嫌みのきわみで、敵役を一手に引き受けているって感じです。
やはり悪者がいる映画は締まります。

もう一人、同じ白人女性なのに女ボスに嫌われているせいで
村八分状態にされているシーリアは下層階級出の女性、
メイド達に全然偏見を持っていません。
彼女のような女性を見ると心が和んできます。
彼女の存在で、白人の中にも平等主義の人がいることがわかりほっとします。

この話の結末はその後の歴史が証明していますが、
ほんの半世紀前までは人を人と思わない時代だった事を忘れてはならないのと、
直ぐそばにもそんな偏見が残っているのを自覚し是正していかなければ、ですね。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-06 12:30 | 映画_新作

戸田恵梨香 主演 「劇場版spec ~天~」 で~す!

いまやエリカ様といえば、
沢尻エリカじゃなくって
戸田エリカ、ってぐらい彼女の活躍は素晴らしい。

彼女の事を初めて知ったのは、
「デスノート」で主人公 夜神月をひた向きに愛する少女役。
すっとんきょだが、可愛らしい、でも声がキャンキャン声で聞き苦しい、
個性的な少女でした。

その後 LIAR GAME の神崎直ちゃん役でブレイク、
相変わらずキャンキャン声で、耳障りなんだけど、
でも、愛嬌があって可愛らしいぃ、そんな個性的な存在感のある子。

映画では、
「 闘茶~Tea Fight~ 」
c0146834_1392735.jpg

「 恋極星 」に主役で出演。
c0146834_140722.jpg

2作とも、演技は下手じゃないけど、彼女の魅力がいまいち伝わってきません。

「アマルフィ 女神の報酬」や「アンダルシア 女神の報復」での
お茶目ですっとんきょな役はけっこう はまり役で、合っているかな、
特にアンダルシアの時にはもっと登場時間を長いしてほしいと
周りから声が上がっていました。

彼女の魅力がびんびん伝わってきたのは
「LIAR GAME The Final Stage」での神崎直ちゃんの役です。
はまり役なんです、普通でない役が。
ある意味 ,仲間由紀恵と似た感じで、シリアスな役は似合いません。
でも戸田恵梨香の方がぜんぜん演技は上手かな。

当然、今回の「ライアーゲーム:再生」でも登場すると期待していたら、
神崎直というキャラは はやり尽してしまったのでしょう、お休み、残念です。
c0146834_1461440.jpg


でも、最近の はまり役 当麻紗綾 として 「Spec~天~」へ 登場です。
今回の敵も当麻の弟のニノマエです。
でも、彼女の本当の弟ではなく、クローンのようです。
ストーリーはTVの「Spec~翔~」の続きです。
敵キャラは
浅野ゆう子が二役を演じるマダム陽&陰、
本名のまま出てくる 伊藤 淳史 です。
味方キャラには
内閣情報調査室の青池(栗山千明)と宮野( 三浦貴大)です。
青池は帰国子女らしく変な日本語を使います、それと過去に瀬文焚流と
過去に何やら関係があったようで、当麻は猛烈に嫉妬します。
こんな人間関係を中心に、いつものようにドタバタ繰り広げるのですが、
他愛無い話なので、詳しい話は省きます。
c0146834_1504236.jpg

元々のTV版が 実は物語の   「起」 にあたり、
この前のTVスペシャル版の翔が 「承」 にあたり、
今回の劇場版 天 が       「転]」にあたるので
今回のヒットに気をよくして最後に「結」が用意されているような
エンディングでした。

その敵ボスキャラは 内緒です。
[PR]
by asat_abc | 2012-05-02 01:50 | 映画_新作