<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12年2月のベストセレクション①

2月に観た映画は15本。
その中で記憶にとどめておきたい映画は
★★★★☆ 題名が長ったらしい「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
★★★★☆ 早くもリメイク「ドラゴン・タトゥーの女」
★★★★  観ているこちらの胸が痛む「ヤング≒アダルト」
★★★★  公開は4月末からになる「わが母の記」
★★★★  クライムサスペンスの「アニマルキングダム」


このほかにも
★★★☆ 「しあわせのパン」、★★★☆ 「麒麟の翼」
と、1月よりはかなり良い作品にめぐり合えたっていうカンジ。

「しあわせのパン」は原田知世と大泉洋が主演のかなり現実感がない作品。
でも、心が癒される短編が3話仕込んであるんだよね。
かなりわがままな失恋女に引かれてゆく飛べない男が羽ばたくお話とかね。
どちらかといえば暗めな話が続くけれど、それをおいしいパンが癒してくれる、
っていう設定かな。
c0146834_19354432.jpg



「麒麟の翼」はご存知、東野圭吾の人気ミステリー「加賀恭一郎シリーズ」。
かなりヒットしたようだからきっとシリーズ化されるんだろうね。
マスコミが作り上げた評判に振り回されるおろかな人達を揶揄するシーンは
かなり好きな場面。
マスコミが作り上げた、あるいは作ろうとしている評判は疑ってかかった方が
よさそうですよ。
c0146834_1936560.jpg


そのほかにも
「人生はビギナーズ」というかなり玄人筋には評価されている作品も観たけれど
メラニー・ロランの可愛らしさ以外、評判ほどの感銘は伝わってきませんでしたよ。
彼女、クエンティン・タランティーノ監督、「イングロリアス・バスターズ」の
主演をつとめていたんですね。フランス女は洗礼されてステキだよね。
数年前に観た「アデル」のルイーズ・ブルゴワンもフランス人、
スクリーンの彼女は耀いて見えた。

ラース・フォン・トリアー監督の「メランコリア」は微妙な作品。
去年観た「アンチクライスト」もそうだったけど、すっきりしない。
ただ、終わり方は意外なほど弾けた。すごかった。
今の私には、それだけにしか感じられなかったんだけど。

次回からは、2月の記憶にとどめたい作品を。
[PR]
by asat_abc | 2012-03-24 22:25 | 映画_新作

12年1月のベストセレクション②、「永遠の僕たち」

1月の鑑賞作品16本中記憶に残る作品は三本、今回は
「永遠の僕たち」
についてです。

その前にもう一本の「オールウェイズ」について軽く触れる事にします。
よく韓流は泣ける、感動すると言われますが、
日本映画では感動出来ないのか?泣けないのか?
という回答がこの映画に有ると思います。
結論は大いに泣けます、映画を観ている時には感動します。
c0146834_19223659.jpg

観ていた時には完全にやられていました。涙ボロボロです。
でも、その高揚感が映画を観た後に続かないのです。
「フラガール」も観ていた時は同じ状態だったのですが、
観た後も感動は続いていました。
あの感動にもう一度浸りたい思いましたが、
この作品はその場限りなのです。
きっと手段を選ばす感動や涙を狙うならば
それなりのものを作る技量が日本映画に充分あるという事なのでしょう。
そして、更なる感動の高見に登るために日本映画は現在の苦労に直面しているのでしょう。
そんな風に考えさせられた作品でした。


さて、本題の「永遠の僕たち」は、ガス・ヴァン・サント監督作品だけに
含蓄を含んだ淡い青春映画でした。
主演は今後を嘱望されているヘンリー・ホッパーとミア・ワシコウスカ、
それに主要な登場人物として加瀬亮が参加しています。

イーノックは幼少期交通事故で両親を失い、自身も昏睡状態を経験、
ある意味死後の世界を経験した事により、不思議な現象や嗜好を持つようになりました。
日本人の特攻隊員ヒロシの幽霊が見えるようになり、
他人の葬儀にせっせと出席するようになりました。
その為なのか、他人を受け入れる事が難しくなってしまい
高校も中退してしまいます。
現在は自分を引き取ってくれた叔母と暮らしながら、
毎日他人の葬儀にでる毎日を送っています。
ある日葬儀社の人間に不審に思われた時に
アナベルに、救ってもらったのがきっかけで付き合うようになります。
最初は社会福祉系の仕事をしていると思っていた彼女が、
実は末期の癌患者で余命いくばくもないと知ったイーノックは
彼女との交際を深め恋仲になって彼女を支えようとするのです。。。
そんなお話しです。
c0146834_1924710.jpg


子供は可能性が限りなくある反面
わがままで自分勝手です。
そんな典型的な子供性格のふたつの個性が急激に溶け合い、ぶつかり合う様が
心地よい程度の青臭さで伝わってきます。
日本の特攻隊員ヒロシに死んでいくときは「天皇陛下バンザイ」と叫んでいるのではない、
愛しく想う人の名を心の中で噛み締めながら敵機にぶつかっていくのだ、
と語らせ、人を想う、愛するということの意味を悟らせます。
アナベルとの経験を通しヒロシの幽霊は見えなくなってしまいますが、
直ぐ身の回りで世話してくれていた叔母の愛情を素直に受け止める事が出来るようになった事を示しながら、エンディングを迎えます。

その難しい役どころを、イーノック役のヘンリー・ホッパーが演じてくれます。
彼の次回作は「スパイダーマン」になるそうですが、これからブレイクする事でしょう。
ミア・ワシコウスカは
「キッズ・オールライト」で、
遺伝子上の父親を探す長女を演じていました。
その時と比べ繊細で可憐さが前面に出ていて好感の持てる役柄でした。
次回作を期待したいと思っています。
[PR]
by asat_abc | 2012-03-15 06:14 | 映画_新作