<   2012年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

12年1月のベストセレクション①、「山本五十六」

1月の鑑賞作品は16本。
その中では
「山本五十六」
c0146834_194428.jpg

「オールウェイズ」
c0146834_1945729.jpg

「永遠の僕たち」
c0146834_1951326.jpg

がお気に入りの3本です。
「山本五十六」は太平洋戦争で海軍最高司令長官だった山形出身の山本五十六のお話。
アメリカに対して決して仕掛けてはならない戦を
真珠湾攻撃という形で仕掛けてしまった男の苦悩を描いていました。
元々アメリカとの戦争には反対していたものの、皮肉な巡り合わせ、
結局真珠湾攻撃というかなり斬新な作戦で戦端を作ってしまいました。
その上、外務省の怠慢でアメリカ側には通告が届かず
だまし討ちのような奇襲攻撃にされてしまいました。
映画の中で新たに知ったことは
戦争中も尚、日本にとっての最良の決着は講和だと最後まで交渉の道を探っていた事、
アメリカという強国と戦っていたと言うのに己は身内の敵と戦い、
特に主力艦隊を任せていた南雲司令官は制服組の軍首脳部と内通し判断ミスを重ね、
戦況を不利にしていた事、ぐらいで太平洋戦争70年目の真実、などという
オーバーなものは別にありませんでしたけれどね。

当時の日本は主戦論がドンドン高まり
国民に流されるのは大本営発表の威勢の良い記事ばかり。
権力に弱く面白おかしい報道ばかり垂れ流すマスコミのスタンスは
当時も今もその本質はあまり変わっていないようで、
日本という国に欠けているのは健全は批判精神だと思います。


山本五十六を演じるは今の日本映画では
高倉健さんの後継者と私だけが勝手に目している役所広司さん。
渋くイメージに近いキャラを演じてくれています。
山本という人は
現場を大事にし現場の声に耳を傾け正しいと思える判断を下す、
上に対しても正しいと思うことは胸を張って伝える、
そんな姿勢は見習いたいものです。
もう一つ、大切な事は
人からの又聞きではなく
出典にあたり自分で調べて事実を確認するということです。
戦前、日本に伝わっていたヒトラーの「我が闘争」には
日本を誹謗中傷している章が取り除かれていたようです。
(今、どうなっているかわかりませんが)
それを知っていた山本五十六はドイツとの三国同盟には反対していました。
なのに大新聞社は何も調べもせずこぞって三国同盟待望論を展開していたようです。
原発や年金の問題だって、
もう少し事実を確認して正しい判断をしなくっちゃ、
ナンですよね。
権力に寄り添って世論を作る片棒を担いで知るのか
それとも、単にレベルが低いだけなのか
その答えは?です。
[PR]
by asat_abc | 2012-02-23 06:50 | 映画_新作

「探偵ヨンゴン義手の銃を持つ男」、夕張国際映画祭

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012」へ、
ブログスカウト事務局さまからの招待を受けて参加する事が出来ました。
会場は秋葉原UDXシアター、
作品は昨年グランプリを取ったオ・ヨンドゥ監督の最新作
「探偵ヨンゴン義手の銃を持つ男」です。
試写会前に監督へのインタビューもあり、
コメントをバッチリ聞く事が出来ました。
c0146834_11817.jpg

スラッとした体に地味なダウンをまとった姿は我々一般人と何も変わりません。
監督にとって映画とは?という質問に
「生活の一部です」とさり気なく語る芯のある人物のようです。
この映画祭に協賛しているのはスカパー!のようで、
会場には青字に白抜きのスカパー!の字が賑やかに踊っていました。

プロデューサーと監督の真面目なインタビューが終わるといよいよ試写会の開始です。

探偵ヨンゴンは雇われ探偵、
事務所では浅野温子似の経営者が威張り散らしています。
仕事はカブトムシの探索から合法的で儲かるならば何でもするというスタンスです。
そこへ仕事が飛び込みます。
依頼人はソンヒョンという美人です。
思い詰めた表情で差し出した写真の男を殺してくれと頼まれるものの、
流石に殺人は非合法です。
断わられて憤然と事務所を後にした彼女を追いかけて行くと、
彼女は謎の男達に襲撃され、不慮の事故に巻き込まれ死んでしまいます。
だが翌日その彼女にまた出会ってしまうのです。何故?
c0146834_1241749.jpg


主演の探偵役はホン・ヨングン、かなり薄口の顔立ちで
一見するとスターにはとても見えないのですが、
場面が進むほどに、だんだんと味が出てきます。
c0146834_1212165.jpg


タイムトラベルを織り交ぜたSFファンタジー探偵物語です。
この分野が好きな方にはとても面白いお話でしょう。
詳しくは↓をご覧ください
探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男


私にとっては、探偵の敵役となる男の最後に、疑問が未だ残っていますが、
話が込み合っているので、置いていかれた?
の、かもしれません。。。。



今年で22回を迎えるゆうばり国際ファンタスティック映画祭は、
北海道夕張市で2月23日~27日まで行われます。
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭


[PR]
by asat_abc | 2012-02-17 01:00 | 映画_新作

「ドラゴンエイジ」、アニメと侮る事無かれ

公開初日の「ドラゴンエイジ」を新宿ピカデリーで観ることが出来ました。
新宿ピカデリーはいつも混雑していてまだ入場したことがない映画館でした。
c0146834_2353839.jpg

監督は「ピンポン」、「あしたのジョー」や
「ベクシル 日本鎖国」などユニークな作品を作る曽根文彦監督。
実写版の時は漫画チックに、でもアニメとなると実写版よりリアルに、
そんな印象の監督さんですが予想通りにリアルなタッチで迫ってきました。

原作は同名のゲームソフト、この世界ではかなり有名な作品のようです。
入りはそこそこ、いつもよりは男性客が多かったばかりでなく、
如何にもゲーマー風の人が多く感じました。
(どんな感じかって?あなたが思っている、そんな感じのひとですよ)

中味に入る冒頭にまずこれから始まる物語の設定を説明してくれます。
何やら登場人物達の利害関係は複雑で、
メイジが何やら、更にメイジにもブラッドメイジとサークルメイジがいて
などと思わず流れについていけるか不安になりましたが、
メイジとは何かを知っていれば問題ないし、
物語がはじまればストーリーの骨格はしっかりしているので
後はスクリーンをじっくりと観るだけです。
ちなみにメイジとは、魔法使いの事です、
残念ながらこの映画を観始めた時、私はその事を知らなかったので、
主人公カサンドラと彼女のパートナーになるガリアンの役割の違いを
途中迄理解できませんでした。

物語は美少女剣士カサンドラとメイジのガリアンが
世の中の秩序を転覆させようとするブラッドメイジの陰謀と戦うものの、
身内に敵と内通する本当の敵がいるというもので、
さて彼らは陰謀を如何に打ち破るかでしょうか というストーリーです。


実はこの物語が前段になって、
ドラゴンエイジⅡというゲームソフトが出来上がっているというのです、
だからゲームファンには垂涎ものの企画映画となっているのです。

ゲームを知らないし、やらない私ですが、映画だけでも充分楽しめました。
[PR]
by asat_abc | 2012-02-15 21:11 | 映画_新作