<   2011年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

評価不能の2作品「ハードロマンティッカー」と「天使突抜六丁目」

人様に余りお勧め出来ない映画を短期間に二本も観てしまいました。
その映画は
「天使突抜六丁目」と
「ハードロマンティッカー」ですが、
誰かに感想を訊ねられた時の答え方はかなり違ったものになります。
先に観たのは
「天使突抜六丁目」、
幻想的なファンタジー作品かと思っていたら、予想を上回る監督の観念的な作品でした。
監督と主要出演者2名が上映後、映画の感想を語ってくれたのですが、
出演者は2名とも映画の内容を理解出来なかったと言っていたぐらいですから
観客が理解できないのも当然でしょう。
敢えて自分の解釈を言えば
自閉的世界に迷い込んだ者達の物語です。
その世界に住む者達は変化を求めない人達が大半ですが、
中には調和を乱しても
現実の社会に戻りたいと思う者もいるのですが、
たどり着くことは困難だ、言っているかのようでした。
この解釈はあくまでも自分よがりな解釈で、
監督の真意がどこにあるかは彼が語らなければ誰にもわからないでしょう。
c0146834_17534515.jpg
シネマライターや監督を目指している人以外にはオススメ出来ません。

もう一本の
「ハードロマンティッカー」は松田翔太主演で、
下関を舞台にした高校生ぐらいの青年達の
無軌道な青春をハードバイオレンスで味付けした作品です。
監督が韓国人だからでしょうか、
日本の風景なのに日本じゃないようです。
スクリーンにはブルーを主体にした色彩が写し出され、
これが恋愛物語だったならば絵画的な美しい物語になっていたように思え、
会場の女性客もそんな物語を期待していたのでしょう、
物語は超のつくバイオレンスで、会場の反応は芳しくありませんでした。
グーというあだ名の高校生が誰とも徒等を組むことなく
あっちこっちでケンカ三昧の日常を送っている姿を通して
自分自身の生まれいずる悩みをぶつけているかのようでしたが、
実際のところ何を受けとめれば良いかわかりませんでした。
逆説的な意味では彼らの年代の無軌道さが
余りなく表現されていたのかも知れません。
c0146834_17542182.jpg


唐突に話題をかえますが
日本に来日した競馬の騎手は思いっきり馬の尻を鞭で連打します。
彼らの国では動物愛護の観点から鞭を打つ回数が限られているからです。
自国でのその鬱憤を晴らすかのように日本では何発も何発も馬の尻をひっぱたきます。
同様に韓国で映画を創る時にはまだまだ裸の女性を使うには制約があるのでしょうか、
不必要だと思えるぐらいワンポイントで女性の肌を露出させます、
男性としてはありがたいことですが、
女性愛護の観点からは頂けません。
頂けないシーンはまだまだ有りました。
かつ上げしている不良男が
粋がった言葉を使ったJKを容赦ないまでひっぱたき、
こんなのあり〜ってぐらい女の顔は見るも無惨にボコボコにされてしまいます。
女がここまでボコボコにされ、その顔を容赦なく映し出すシーン、
なかなかあるものではありません。
もうひとつ、
強姦されかかる女性をグーが助けるところをみれば、
まだ正義の味方なのかな〜って思っていたら、
微かに思いを寄せていた女に裏切られた瞬間、
その子を自分がやっちゃうなんて、とてもドライでサバサバしています。
何も考えず感性で観る映画で、
バイオレンス映画が好きな人は意外と嵌るのではないかと思いますが、
決して強く勧めるものではありません。

お金を払ってまで観たいとは思わない作品でした。
[PR]
by asat_abc | 2011-11-26 23:09 | 映画_新作

「源氏物語」、夢とうつつと

「源氏物語」は日本が世界的に誇って良い文学作品なのでしょうが、
その内容は官能文学、もう少し率直にいえばポルノ小説なのに
高校生必読の書とは如何なものかと思いつつ、
切れっ端しか読んだ事が無かったので
いつかゆっくり鑑賞したいと思っていた作品。
読むよりは観た方が楽なので映画で鑑賞する事しました。
でも映画の場合は監督の意図が入り混むばかりでなく、
この「源氏物語」には原作者独自の解釈も紛れ込んでいそうです。
そもそも、藤原道長と紫式部のあいだに面識が有ったことは確かでしょうが、
紫式部が道真の事を猛烈に懸想していたなんて、週刊実話の世界でしょう。
映画そのものは、源氏物語の素養があれば
起承転結と骨格もしっかりしていて
見応えのある作品に仕上がっているのですが
長すぎです、
せめて2時間にまとめて欲しかったものです。
2時間を超える作品には監督の情念や作品としての毒々しい刺激
あるいは役者の、裸になってまでものという気迫が必要で、
観客を鷲掴みにする何かは残念ながら有りませんでした。
有ったのは、
道真と式部のうつつの世界と
式部の書き連ねる光源氏の物語の関連性という
独自の世界観でした。
面白く斬新的なものなのですが、
やっばり二時間が限界です。

c0146834_1747321.jpg
光源氏のお話しは、
単なる官能恋愛物語だけで有りませんでした。
六条御息所が夕顔や葵の上を
生霊となって呪い殺す辺りはオカルト的要素であり、
葵の上との人間関係の改善はヒューマンドラマであり、
物語全編に流れるのは光源氏の成長物語でした。
冒頭で言った、ポルノ小説という言葉は失言だったと訂正させて頂きます。
観て損はない出来だと思います。
[PR]
by asat_abc | 2011-11-24 06:40 | 映画_新作

「マネーボール」、ブラピの目指すもの

MLB、オークランド・アスレチックスのGMビリー・ビーンを描いた物語で、
ブラッド・ピットが主演した映画です。
ビーンは高校時代、ドラフトで一位指名を受けた選手でしたが、
プロの世界はそんな甘くはありませんでした。
選手としては大成できないまま現役を引退、
スカウトなどを経験したのち、現在のGMの職につきました。

当時ビーンが抱えていた問題は、チームが強くなったと思ったら
フリーエージェントで主力選手を金満チームに引き抜かれ、
チームの骨格がガタガタになる事でした。
日本ではいつも広島が阪神にやられている事です。

MLBでは分業化が進んでいます、
GMの仕事は選手をスカウトしチーム編成する事、
監督は編成された状況で最良のパフォーマンスを上げる事、
と明確になっています。
ビーンはFAで金持ち球団が断然有利になっている選手編成を
サイバーメトリクス理論で対抗する事に決め、
他のチームでは見向きもしない選手を
ピーターの解析能力を活用し
チーム編成し始めます。
殆どの球団が補強選手を経験や勘に頼っていた中、
彼が取ったサイバーメトリクス理論とは
選手を今までの実績から数値化し、可能性を予測するというものです。
そのため解析能力に優れてはいるものの
野球はズブの素人のピーターをスカウトする事から始めました。
既成の方法に頼っている従来のスカウトマン達からは猛反発、
挙げ句の果ては監督までも獲得した来た選手を使いません。
獲得した選手を使わせるため、
現在のレギュラーをトレードするという背水の陣にうってでます。
選択肢をなくす事で、コレしかないという状態にチームばかりでなく自分自身も追い込み
必死で新しい道を築いて行ったのです。
連戦連敗だったチームも背水の陣を敷いてからはガラッと一転、
アリーグ記録である20連勝を記録し、
シーズン優勝を果たしたのです。
c0146834_1721101.jpg


この映画は自分の道を切り開いて進んで行く、
現代の開拓者の話しです。
開拓者には既成勢力の抵抗が必ずあります。
開拓の方法が斬新であれば有るほど、
その抵抗は激しくなります。
それに如何に立ち向かうかは志しの高さしか有りません。
日本の政治家達に観て欲しい一本です。
[PR]
by asat_abc | 2011-11-23 16:50 | 映画_新作

「素敵な金縛り」、西田敏行の顔、デカッ!

三谷ワールドはいつも独特の世界を醸し出します、
どちらかといえば映画よりも舞台劇の方が似合いそうな設定です。
出演者は賑やかで、
主演をはれる人達が次々と軽い役で登場します。
佐藤浩市は前回作品からのつながりを意識しているのでしょうか、
相変わらず売れない役者の役どころです。

竹内結子は三谷作品には初登場、
今までのイメージとはまるっきり違う、悪女役です。
でも彼女の地に近かいような気がします。
篠原涼子の旦那さん、市村正親はインチキ修験者で登場です。
悪いような良いような微妙な立ち回りです。

草なぎ剛は優しい父親役ですが、
ちょっと笑いがこぼれてくるオチが用意されています。

主演は前回に引き続き、深津絵里と西田敏行のコンビです。
c0146834_1716174.jpg

深津はダメ弁護士で失敗ばかり、もうあとが無いぐらい追い込まれ、
今回失敗すれば廃業の危機だというのに
今回のクライアントはアリバイもハッキリしない男です。
その男の無実を証明してくれるのは落ち武者の幽霊!
その幽霊役が西田です。
幽霊は瞬間移動など出来ません、
いろんな食べ物を味わいたい食いしん坊の癖に
実際には食べる事が出来ません。
なんか幽霊の神秘性が失われて、怖く無くなっちゃいます。
そんなトンマなやくどころを西田が独特のキャラクターで演じてくれます。
今回はそれにもう一人、中井貴一が絡んできます。
敏腕検察官の役で、幽霊が証言台に付くことを認めてくれる物わかりの良い人のように見えますが、
実はそんなアリバイぐらいではたじろがない自信家さんです。
でもそんな彼には納得できる弱点を用意してあるので、トンマな弁護でもなんとかなるようにしていました。


物語としては、もし、お化けがいたら?
という設定だけでも大変な事なのに、更に
そのお化けを法廷で証言させたらという着眼点は今までにと無かったアイデアです。
それも単にアリバイを立証させるだけではなく、ダメダメ弁護士の成長物語も用意して、
クライマックスには犯人探しを用意してくれていました。
でも正直少しばかり虫が良すぎる設定のようなでは有りますが。


三谷ワールドはきっちりと彼がイメージする虚構の舞台を作り上げ
その中だけで通用するお話を我々に提示してくれますが、
私にはその虚構ゆえ物足りなさも感じます。
でも世間の評価は好意的で当分興行ナンバーワンが続きそうですね。
[PR]
by asat_abc | 2011-11-19 18:26 | 映画_新作

「アントキノイノチ」やっぱりあの人

この題名に何かを感じる人は決して若くないことだけは断言出来ます。(笑)
そう、感じた人は、
あなたの感は正しい!
関係があるのです。
あとでその説明をちゃんとしますので。

岡田将生と榮倉奈々が演じる青春ストーリーは
遺品整理という仕事場の、めぐり逢いで始まります。
将生くんも奈々ちゃんも若いというのに暗〜い過去を持つ身だから、
この仕事に徐々に馴染みお互いに惹かれあってゆきます。
将生くんは
生きることに溺れかけた二人の友人の期待に応えきれず、
裏切った格好になり、その重さに耐えれなくなって
精神を病んで今は加療中です。
彼のその重さを表現する為に
屋根の上で裸でうずくまるようなセミヌード姿を披露するのですが、
意外なほどポッチャリしています。

一方、奈々ちゃんはもっと壮絶な過去を持っています。
同級生に強姦され妊娠、その事実知った母親にはお前が誘ったのだろう、
ふしだらな娘だと罵られ、
一度は掻爬しようと思います。
しかし、お腹の中で動く生命に神秘の力を感じ
産むことを決意した矢先流産してしまいます。
そのことでいのちに対する負い目を持ち、「あのときのいのち」を引きずっています。

そんな二人が自己の再生を求め、お互いに助け合いながら、
精神を開放させていくのです。

奈々ちゃんを
失った命から開放してあげる為に
海辺で将生くんが考えついたのが、
「あのときのいのち」と10回繰り返して言ってごらん、ということ。

あのときのいのち

アントキノイノチ

アントニオ猪木

c0146834_17122214.jpg
だから、
海に向かって
「元気をですか!!」
と一緒に叫ぶのです。

まさにオヤジギャグの領域ですが、
海に向かって叫んだ時に
自分の殻は破れて砕け散ったのです。

エンディングへむかうラストストーリーは予定調和なのでしょうが、
悲しい過ぎます。
もっと未来のあるハッピーエンディングを用意して欲しかったものです。
c0146834_1784713.jpg

[PR]
by asat_abc | 2011-11-16 18:26 | 映画_新作

「恋の罪」、園子温の世界に圧倒される

水野美紀のヌードシーンから始まり、
水野美紀がゴミ収集車を追いかけ、
最後に電話の向こうの男に
「わからない」
と下品に答えるラストシーンまで圧倒され続けた。
彼の作品では「愛のむきだし」以来のバンフ購入作品だ。
c0146834_16272323.jpg


この作品に意味など求めてはいけないのだろう、
圧倒的な迫力に観客は固唾を呑んで見守っているのが
雰囲気で伝わってくる。
1990年代の猟奇殺人事件にインスパイアされたという作品は
同様のテーマを扱った前作の「冷たい熱帯魚」とは大きく異なる。
前作は事件の猟奇性をこだわりにこだわったが、
今回は女性心理をこだわり続けていた。
だから、気色の悪さがあまり前面にでず、
目を背けることもなく観ることが出来た。
水野美紀、富樫真、神楽坂恵の三人の競演は、
成長力で神楽坂恵に軍配を挙げたい。
「遠くの空に消えた」や「プライド」の時には存在すら意識出来なかった彼女だが、
本作では
目を見張る他を圧倒する魅力的なボディを一つの武器に
吹っ切れた覚悟のような気を感じた。
c0146834_16281744.jpg


園監督の次回作、「ヒミズ」が待ち遠しいと感じた。
[PR]
by asat_abc | 2011-11-15 22:54 | 映画_新作

「僕達には世界を変えることができない」長ったらしい映画の出来は?

映画の内容を伝える前に
この長ったらしい題名を伝えるのに困ってしまう映画ですが
内容的には好きなタイプの映画でした。
ある医大生が何となく自分の心の空虚感を埋めるために始めた
カンボジアへの学校建設、その額は200万円。
これぐらいなら何とか出来そうと思える金額、
きっと2000万円なら、はなっから考えつかなかったと思います。
目標に向かうちに不完全燃焼だった日々は
徐々に意味のある毎日に変化しはじめます。
周りにはサークル感覚で応援してくれる有志が集まり、
彼女も出来ましたが、
バーティ開いて裏方として楽しんで、
余ったお金だけが建設資金にまわっていくという運営では
資金は遅々として溜まりません。
それもこれも、
動機が軽すぎていまいち説明責任が果たせなかったためでしょう。
何故カンボジアの学校なのか、どころか
肝心のカンボジアへ行ったこともないのですから。

だから、資金がなかなか集まらなくって
個人個人にノルマを課せられそうになっちゃうと、
直ぐに空中分解です。
これが現代の学生さん達の活動でしょう、
まるっきりサークルののりです。
個人で行ったアルバイトのお金は自分の為のもの、
支援活動をしたときだけ資金カンパです。

でも豊かで甘やかされて育った日本人にはそれが当たり前なんでしょう。
c0146834_16305119.jpg


さて、ここからがこの主人公の、そしてこの映画の好きなところです。
主人公達一行は素直にカンボジアへ行ってみる事にします。
そして、カンボジアを選んだ事が正しかった事を実感します。
ポルポト政権下での惨状や、いまカンボジアが置かれている現状などなど。
学校建設の意義から言えば、
国には学校建設の予算が無いのでしょう、
子供達の学びの場は青空教室です。
それも場所が無いので朝は低学年、昼からは高学年という塩梅です。
ちょっと本題からはそれますが、こんな事を感じました。
小さいときに学ばせておくというのは、
まだ労働力としてあてに出来ない事や、
家事の邪魔になるので世話してもらいたい、という時期に
社会人として最低限のマナーを学ばせる事なのかなどと思いながら観ていました。
取り敢えずカンボジアの現状を知り、
この国に学校が必要な事はわかりました。

さて帰国してからの主人公等の行動です。
少なくとも十分な動機が出来ましたが、
最後の最後までカッコいい姿は有りません。
クライマックスというべき
仲間達へ感謝の言葉を述べるシーンでもこちらがハラハラドキドキし、
しっかりしゃべらんかい!
と言いたくなるほどです。
でもそれで良かったと思います。
誰でもが一歩踏み出せば出来る事があるということがわかったのですから。
詐欺紛いのカッコいい美辞麗句を語る政治家には頼れません。
我々一人一人がちっぽけでもタバコのポイ捨てをしないとか、
道路でつばをはかないとか、
そんな事をはじめればきっと世の中良くなるのですから。
[PR]
by asat_abc | 2011-11-08 08:31 | 映画_新作

おバカ系二本、「ステイフレンズ」と「モンスター上司」

女性は見かけは美人、
でも話せば少し下品で下ネタジョークにもついてきてくれて
愛嬌があって話しやすいタイプが魅力的です。
一昔前ならばこのタイプはキャメロン・ディアスの独擅場でしたが、
彼女も歳には勝てません。
そして映画ファンも常に新しいスターを求めるもの。
この座をリーザ・ウェザースプーンやキャサリン・ハイグルなども狙っているのでしょうが、
ミラ・クニスが「ステイフレンズ」で参戦してきました。
美人ですが、中東系が混ざっているのでしょうか
かなり濃い顔立ちです。
速射砲のように歯切れの良いやりとりを
下ネタいっぱい織り交ぜて繰り広げます。
猫の目のように揺れ動くミラの感情は
秋の空のように、晴れわたったり嵐になったり
見ている方としては少し疲れるかも知れませんが、
見終わった後、気分爽快になることはうけあいです。

但し、この作品は
男女の友情が愛情と一線画したものとして成立するかどうかという、
c0146834_17325099.jpg

男女間の古くていまだに引きずっているテーマを
セフレ関係を通して描いたもので、
ご都合主義映画の典型のような出来映えです。
映画を味わおうとしている方にはお勧め出来ません。
何も考えず気分を晴らしたいかた向けの作品です。

それと同系列なのが「モンスター上司」です。
こっちの方がもっとご都合主義ですが、
ケビン・スベイシー、ジェニファー・アニストン、コリン・ファレル
といった芸達者な役者さんが敵役の厭がられるモンスター上司をやってくれるので
どっしりと落ち着いていました。
やっぱり悪役は上手い役者じゃないと様になりません。
c0146834_17331698.jpg
ケビンは本当に部下をボロボロになるまで使いっきる、
どこの会社にもいそうな嫌みな上司役です。
ネチネチといたぶる嫌われ上司を熱演するばかりでなく、
この映画の真の主演をしっかり演じていました。
アニストンは部下をセクハラで痛めつけ
ストレスを発散させるタイプですが、
この役はもっと不細工で男に縁がなさそうな女優さんにやって欲しかったものです。
だって、普通の男性ならば彼女の誘惑にイチコロで
とてもセクハラ上司には思えません。
もう一人は親の会社を受け継ぐ馬鹿息子型の上司。
中小企業にまだいるんだろうなぁ〜と思うタイプです。
そんな三人の上司達を交換殺人で片付けようとするお話の顛末は
いつかの機会にしようと思います。


どちらの作品も毎日の疲れを癒し、楽しむには手頃な作品です。
「死ぬまでに観る○○本の映画」には間違っても選ばれないでしょうが、
選ばれた映画達の合間あいまに観たくなるような、
おバカでいとおしくなる映画です。
[PR]
by asat_abc | 2011-11-06 20:40 | 映画_新作