<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「ザ・ウォード」と「ラビット・ホラー」雑感

「ザ・ウォード」はジョン・カーペンター監督作品だけに
観るかどうか、かなり迷った作品です。
なんでかと言えば、ただ単にホラーは苦手だからなのですが。
でもこの映画ホラーじゃ有りません、
正しくはサイコサスペンスです。
だから批評でもかなり良い評価を得ていたのでしょう。
時代背景は1970年代ぐらいなのでしょうか、
ひとりの女性が一軒家を放火した結果、
精神病院へ収容されてしまうところから始まります。
彼女の収容された特別病棟には数名の女性患者がいます。
いつも縫いぐるみを片手におどおどした少女、
高圧的な女性やみんなから蔑まれている女性などなど
彼女達の存在こそがある意味この映画のテーマなのです。
最初にホラー的な現象、つまり、不気味な仮面を被った老婆が現れたのは
みんながシャワーを浴びているシーン。
なぜ?、監督の意図は?
個人的にはファンの気持ちを掴んだ良い演出だと感謝しちゃいました、
必然性は欠けていると思いましたが。
老婆の出現する機会は徐々に高まり、怖さのボルテージは上昇一途、
ホラー嫌いには酷なシーンが続くのでが、
何か違和感があるのです。
主人公の女性に都合の良い設定なのです。
普段は警護が万全なはずの特別病棟だというのに、
彼女が逃げようとするときに限って誰もいないのですから。
良くあるご都合主義ではないはず、
なんせ名匠が作っているいるのですから。
そして謎解きを聞いて
全てが氷解しました。
c0146834_1724530.jpg

謎解きサスペンスがお好みの方にお勧めです。

さて、もう一本の「ラビット・ホール」とよく勘違いされる「ラビット・ホラー」の方は
ようやくブレイクし始めた、満島ひかり主演作品で、
これもサイコサスペンス映画でした。
時代は現代、
聞き取ることは出来るが、話すことが出来なくなった人魚姫のような女性、
それがひかりちゃんの役どころです。
c0146834_17255068.jpg

彼女には弟がいて、彼が瀕死のウサギを殺すところがオープニングです。
この事件が起こって以降謎のウサギが突然現れ
弟を異空間に誘おうとします。
ひかりちゃんは大好きな弟を何とか救おうとするのですが、
そのうち、話のつまがあわなくなってきます。
この辺が話の核心部分です。
脈絡が無くなるのは当然の事、
総ては彼女が作り出した妄想だったのですから。

ふたつの映画はホラーというより、サイコスリラーに分類される映画でした。
倫理観や道徳観を守ろうとする人間の精神を題材にしています。
人間は自分に都合の悪い事があるとどの様に反応するか。
誰にでも消してしまいたい過去はあるはず。
その事実を知っている人を無意識に遠ざけ、忘れようとしているはずです。
だけど精神を取り乱す程の過去ならば、自分と闘ってみなければ、
ということなのでしょうか。
[PR]
by asat_abc | 2011-10-28 06:40 | 映画_新作

「スリーデイズ」、ハッピーエンドのハリウッド映画

「この愛のために撃て」のフレッド・カバイエ監督の前回作にしてデビュー作、
「すべてあなたのために」のリメーク作品で、
出演はバンサン・ランドン、ダイアン・クルーガーだったようです。
ハリウッドが直ぐにリメーク権を買い付け、
ポール・ハギス監督がラッセル・クロウを主演に迎え制作した作品です。
それほど原作を気に入ったのでしょう。
確かに「この愛のために撃て」は傑作でした、ヒットしませんでしたが。
ビデオから評価があがっていくことを期待します。

さて、すべて〜の方は原作を観ていないので、
どれぐらい原作を忠実に再現しているのかわからないのですが。
お話は「この愛のために撃て」と一転
スローなテンポで展開します。
オープニングは
ラッセル・クロウ演じる主人公が妻と友人達4名で食事しているシーンからです。
そこで同性の友人とバトルする妻、かなり勝ち気な性格のようです。
でも二人の夫婦仲はとても良いようです、
そんなことがわかる夜のシーンがあります。
なのに翌朝、突然刑事が来訪し、妻は逮捕されてしまいます。
会社の女上司を殺害した容疑です。
出来るだけの裁判闘争を行なったものの、
弁護士にはもう打つ手はないとダメを押されてしまった夫。
身に覚えのないという妻の言葉を信じ、
夫は妻を脱走させ子供を連れて国外へ落ち延びるべく
用意周到な計画を立てるのです。
この映画の見所は
練りに練った計画が上手くいっている様でいて
微妙に邪魔が入り予定外の出来事が起きてしまうという、
そのハラハラ感でしょうか。
c0146834_1751587.jpg



フレッド・カバイエ監督は、
妻への無償の愛というテーマを元に
ひたすら妻を助ける作品を創っていますが、
実生活では奥さんにどう接しているのか興味津々です。
[PR]
by asat_abc | 2011-10-25 06:47 | 映画_新作

「軽蔑」と「東京公園」

「軽蔑」の作風はトンコツ濃い口味でした。
田舎のボンボン息子が身よりのないストリッパーに一途な恋をして、
自分の故郷へ連れて行くものの
彼の田舎はまるで現代とは思えない時代がかった因襲を抱えていて
身分違いの恋愛に周りの人間はこぞって反対、
破滅に向かうという、メロドラマでした。
鈴木杏が文字通り、体当り演技を見せた作品でした。
c0146834_16571571.jpg


一転「東京公園」は
薄口の塩味透明風のスープでした。
義理の姉弟が、お互いの心の奥底にしまってあった恋心を
ある事件を通して直視するというお話でした。
それは異性に対する恋心というより肉親に対する想いだったようです。
そう、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で
過去の時代にワープしたマーティン少年に恋した同世代の過去のお母さんが
彼にキスした瞬間、恋愛対象では無いことを悟ったように。
c0146834_16573690.jpg



ふたつの作品はある意味対極にある作品でした。
前者はほとばしる感情を剥き出しさせながら怒涛のように突っ走るお話に対して、
後者はお互いの気持ちをまるでタマネギの皮を一枚一枚むくかのように穏やかに表現してゆきます。

作品の出来に関しては、軽蔑の方はツッコミどころ満載です。
冒頭カズさんがまちこをかっさらうために
ピストルを発砲したというのに事件にもならないの?は序の口で、まだ許せるけれど、
まちこはカズさんと山畑という二人の男を狂わせる程の魅力の持ち主だというのに、
私にはどうしても田舎の芋姉ちゃんにしか見えません。
そしてどうしてもいわずにいられないのが、
タクシー内でのラストシーン、
だいたいあんな患者を乗せてくれる訳ないじゃないと
ツッコミたい気持ちがうずうずし、鑑賞どころじゃなくなっていました。

東京公園の方も冒頭でひろクンの身元をわかるように説明して欲しいものです、
というか、ひろの存在のは必要性はさほどなく、バッサリ切りすて、
コンパクトに纏めた方が、わかりやすかったと思ったのですが。

しかし、1日置いて思い出してみると
軽蔑の方が脳裏に刻み込まれているのは
ただ単にインパクトが強かっただけでしょうか?
[PR]
by asat_abc | 2011-10-24 22:00 | 映画_新作

「第七鉱区」、ハ・ジウォンの為の映画

韓流ファン、
その中でもハ・ジウォンのファンはスカッとする映画です。
でも、その内容はかなり粗い作りで、
一昔前のスターです。
彼女を韓国風アンジョリーナ・ジョリーと見立て、
トゥームレイダーとエイリアンと第九地区を足して3で割ったような作品です。
かなり安易で、雑だと感じる人も多いと思います。
オートバイのシーンは、ジウォンのショートヘアとマッチし、
様になっていることを認めたにせよ、
怪物の巣窟になっている機械室のシーン、マザーがいて卵がどんどん産み出されているのかと思ったら、
ただ単に気持ち悪さを演出しているだけ?
怪物自体も気持ち悪るげですが、弱点がないのか、タフすぎるのです。
兎に角、思いだそうとする端から疑問が浮かんでツッコミどころ満載の映画でした。
東京映画祭に出品の様ですが、どんな評価を受けるか興味津々です。

第七鉱区という韓国済州島近くの日韓共同開発地区の海底油田地域。
そこで油田採掘している人達の前に、
不思議な生物が襲いかかって来るのです。
その生物には石油を精製する能力があり
発見した研究者が育てていたのですが、
育った生物は意に反して凶暴化し、人間を襲うようになってしまったのです。
一人、また一人やられてしまい、最後には。。。

そんな感じで進んでいくストーリー展開です。

ジウォンは男勝りの石油採掘者の役で、アクションシーンにも積極的に取り組んでいます。
彼女、松たか子に少し似ているボーイッシュなイメージの女優さんです。
この路線で海外へ進出しようと思っているならアクションシーンはもっともっと得意になっていないと通用しないのでは、と思うのですが、
取り敢えずファンならば彼女の勇姿を満喫出来る映画だと思います。
[PR]
by asat_abc | 2011-10-23 17:29 | 映画_新作

「一命」、いちめいを掛けるものとは?

久々の舞台挨拶付きの試写会。
お目当ては満島ひかりちゃんです。
この劇場はスクリーンが特大だから一階最後列は映画を楽しむにはベストなのですが、
ひかりちゃんの顔は目を凝らして見てもおぼろげにしか見えないのです(涙)。
c0146834_16463199.jpg

まさしく、上のチラシの感じです。

司会は伊藤さとりさん、
舞台には三池崇史監督、主演の市川海老蔵はん、
瑛太くんとひかりちゃんの4人が登壇しました。
三池監督談、
3D映画を作ったのはお年寄りに馴染みやすい時代劇を通して
3D映画の良さを知って欲しいと思ったからだと言ってました。
劇中、景色、特に奥行きのある紅葉の美しさにそれが表現されていたと思いました。

c0146834_16475695.jpg

海老蔵はん、
命を懸けて守りたいものは何かという質問に
家族と歌舞伎だと優等生的発言をしていていたのですが、
司会者のさとりさん、
奥さんの話を期待してのか、
更に追加の下手な引き出し方をしたら、
むっとしたように
ただ今申し上げました通り。。。などと切り返していました。
この勝負、どうみても司会者の負けでした。

瑛太くんは
c0146834_16483053.jpg

既に3Dメガネをしている観客を目ざとく見つけ、
いまそのメガネで見ても3Dにならないよ〜とか、
カンヌで上映したときには何かが飛び出してきて席をたった観客がいたけど、
そんなシーンの時は3Dメガネを外してみたらぼやけて見えて丁度良いよ〜、などと
飄々とユーモラス返答をしていた。

さて、お話は
貧乏に窮した浪人が武家屋敷の庭先を借りて
切腹させて欲しいと願い出る事件が横行し始めた
江戸時代初期の話です。

武士の魂である刀が
既に竹光になってしまっている瑛太クンが
庭先切腹を願い出るシーンから始まります。
本当は偽装で、大名家から無心したいだけだったのです。
決して安易に偽装したわけではなく、
そこに至るまでにはとても悲しい事実が有ったのですが
その大名家は本当に切腹させてしまうのです。
まぁ確かに大名家にはそんな個別の事情、
知ったことでは無いでしょうが。

事情の一部始終を知った義理の父役の海老蔵はん、
敵討ちに
自分もその大名家へ庭先切腹を願い出るのです。
さて、どんな敵討ちをしようとしているのか?
c0146834_16491221.jpg



いまの社会も、
フリーターをたくさん輩出しながら
個々人よりも企業を優先する社会のようです。

企業の儲けって、
一体どこにたどり着いているのでしょうか。
どうせクダラナイところで滞留しているのでしょうから
頭の良いと思っている人は
もっと個人へ還元される仕組みを作って下さいませ!
[PR]
by asat_abc | 2011-10-21 06:54 | 映画_新作

「探偵はBARにいる」、シリーズ化になる?

この探偵は別に事件を解決する訳ではないようです。
彼の役目は事件の道先案内人というところか。
肝心要のシーンの時には現場に向かう電車の中で
「もっと急げ!」と叫ぶことしか出来ないのだから。

事件の依頼はいつものバー、Keller ohataで受けていました。
電話の向こうの依頼主は憂いに満ちた女性だったので、
つい何時もの甘い考えで、
謎めいた依頼に危険を感じつつ、
断る事が出来なかったのです。
と、言いながら誰にでも優しいわけではないのです。
現に自分に色仕掛けしてまで懐いてくる
何時も通っている喫茶店の女の子には、
冷たいものです。

こんな風に
大泉洋と松田龍平がとぼけた味を出しながら、
失笑気味の笑いが滲み出てくる、
緩急を使い分けた映画でした。
c0146834_16381476.jpg


冒頭、
札幌はススキノでの雪道シーン、
チンピラとのイザコザから始まり、
シリーズ化作品の初っぱなを思わせる趣です。
西田敏行演じる実業家があっさりと殺害されてしまいます。
だからこそというべきか、
この事件の真相に迫ろうとする人間が出てきて、
バーにいる探偵さんに協力を求めるのです。
ところが敵は予想以上に手ごわく、探偵さん、雪の中に埋められたり、
プロレスラーに完膚無きまでにしごかれたり、
それを助けるのが相棒役の龍平クンなのですが、
少しずつタイミングがズレていて、助けにならないのです。


ある一点を除けば、最後までなるほどと頷ける品質でした。
ただ、予定調和のようなこの一点は、観る人によっては、致命的かも知れません。
作り手の方は、
この点は心得たものだからこそ、全然気にせず
その設定で通したのでしょうが、
やっぱり探偵が最後に解決の手掛かりとするのですから、
大切に扱って欲しいところでした。
ということで、パンフレットを購入出来ませんでした。
c0146834_16401494.jpg


でもでも、大泉洋と松田龍平とのコンビで是非シリーズ化して欲しい、
味のある作品でした。
[PR]
by asat_abc | 2011-10-17 23:33 | 映画_新作

「うさぎドロップ」、愛菜が可愛いぃ!

原作は漫画だ。
愛菜ちゃんのファンだろうか、
小学校高学年のお姉ちゃんに連れてきてもらった7〜8歳の男の子が
ひとつ前の座席で静かに見ている。
だというのに予告編は
「さすらいの女神たち」という大人向けの映画だ。
c0146834_9242960.jpg

かなり過激な描写のフランスの映画、
フランスという国の文化は凄い。
若い女も認めるが、熟れて弛みんでいる熟女も受け入れる。
精神なら大歓迎だが、肉体まで露出させ、面白がる。
熟女の裸身まで子供に見せてしまう日本という国は如何なものか。
日本は子供の教育にとって厄介な国になってしまったようだ。


そんな予告編を見せつけられた後の
「うさぎドロップ」だ。
c0146834_925420.jpg

冒頭からシビアな場面が続く。
大吉のおじいさんの告別式。
大吉はおじいさんにうりふたつ。
おじいさんの隠し子として残された五歳のりんも大吉にだけは懐く。
とりあえず頷ける設定だ。
親戚縁者の身勝手な反応に腹を立て、
孤児となったりんの面倒みると
勢い余って宣言するものの、それからが大変だ。
保育園に入れなければ、だ。
次は毎日の送り迎えをしなくちゃだ。
残業は一切出来なくなる。
その上、朝ご飯に晩御飯、お弁当の準備。
そんなことしてたら毎日クタクタ、寝る時間もなくなる。
我が子の事でさえ、嫌になっちゃいそうな事だ。
思い悩んだ末に残業のない職場に配置転換を願い出る。
だが、それが当たり前に思えるぐらい愛菜チャン、
もとい、りんチャンが可愛いのだ。
それなりに遠慮してはいるものの
大吉だけには懐いてくる、その仕草の可愛いぃこと、
スクリーンで眺めるだけの立場としては
癒されちゃいます。
職場はキッチリ時間には終わるものの、肉体労働で辛い。
でも、顔は厳ついが心優しい同僚達とは直ぐに打ち解ける事が出来、
人間関係は良好だ。
仕事第一主義にやったって成果はたかが知れてる。
それならば、思い切って方向転換、大吉みたいに割り切ることも大切だ。
次第に今までとは違った風景が見え始め、
今までとは違った交友関係が出来てくる。

とはいえ未婚の父親は辛すぎる。
そんな時、りんちゃんのクラスメートを通して理想の女性に巡りあい、
何となく波乱の予感が。。。
他愛は無いが、癒し系の一本だ。
[PR]
by asat_abc | 2011-10-15 19:31 | 映画_新作

「ブルーバレンタイン」、不滅の愛など無い?

■「ブルーバレンタイン」はミッシェル・ウィリアムスの為の映画?

彼女は良い役者さんだ。
自分の体を犠牲にしてまで、役柄の人物になりきろうとする。
結婚前の学生の役と、結婚し子供が小学校低学年の母親の役を
行きつ戻りつする役を演じる。
若々しい学生時代の姿態と、
中年太りし始め体の線が緩んだ年頃とを、
肉体改造して取り組んでいる。
「ファイター」のクリスチャン・ベールのように、
クランクインする前に役柄に合わせて体型を事前に準備しておく様は見かけるが、
一本の映画の中で、違いをはっきり表現するのはかなりキツい事だと思う。
ましてや美人の女優さんだ。
緩んだ体を晒すのは嫌な事だと思うのだが、
それを役者魂ではね返している。


■この映画のテーマは愛の普遍性

物語は中卒の男性と結婚した大卒女性。
結婚当初は超ラブラブだったが、
年月が立ち生活に疲れ始めるに従って徐々に気持ちが離れてゆく。
そんな微妙な行き違いを描いている。
どんなに好きになり、幾多の障害を乗り越えた者同士でも、
乗り越えたハズの障害物が逆に心の中でボディブロウのように沈殿していき
いずれはその沈殿物が浮かび上がってきて二人を引き離していく、
とでもいうかのような話だった。
c0146834_0564867.jpg



■簡単なストーリー紹介
今は夫と小学生の三人で暮らす女性。
夫ははっきりとした定職にも付かずフリーターのような生活をしている。
夫には野心がなく、家族と生活出来るだけの糧が得られればという考えだ。
一方妻は結婚前には医学の道に進みたかった。
今も看護士となり、キャリアアップを狙っている。
そんな日常生活を送るふたりの前に
かなりいわく付きの彼女の元カレが現れる。
そこで二人の考え方の違いが表面化する。


■愛の普遍性の結論

彼らの馴れ初めは、夫の一目惚れ、
猛烈なアタックに女の方も引きずられるように
ラブラブな関係になる。
最近の通説によれば一目惚れカップルの離婚率は非常に低いそうだ。
夫側の一目惚れの場合は約二割、妻側の場合は一割だそうだ。
何故?
どうでも良いことだが、女性の離婚率が低いのは惚れた弱みで遊ばれて
結婚までたどり着けないケースが多く、結婚までに厳選されているからだなどと書いてあった。妙に納得してしまった。
本題に戻る。
一目惚れには本能的にその人の事が好きになる事情が有るようで、
なかなか醒めないようだ。
だから相手側が嫌いにならない限り、離婚にはなる確率は低いようだ。
この映画でも夫側の気持ちは何も変わってはいなかった。


■見終わっての率直な感想

疲れている時には重いテーマだ。
自分に置きかえ考えてみると、
若いときなら妻の過去に嫉妬して
かなりこじれた事になってしまうと思うが、
今ならわりと冷静に受け止めれると思う。
どちらにせよ、現在恋愛関係中の人は
自分の過去が周りから洩れることがないのならば過去を相手に話す必要はない。

人間、
知らないほうが幸せ!
ということがある。
[PR]
by asat_abc | 2011-10-12 06:38 | 映画_新作