<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「SUPER」、エレン・ペイジに萌え!

冴えない中年男がスーパーヒーローに憧れ
自分もヒーローに変身しちゃおうという導入部分は
「キック・アス」に酷似だけど、
その動機は違っている。
スーパーの主人公フランクを演じるレイン・ウィルソンの場合は
ケビン・ベーコン扮する敵のボス、ジョックに愛する妻サラを奪われ、
奥さんを奪い返す為にスーパーヒーロー、
クリムゾンボルトになろうとする。
扮装する衣装も手作りだから、かなりダサく縫い目が目立つ。
c0146834_2256466.jpg


肝心のパワーは自分の非力さに直ぐに気付くほど弱い。
そこでスパナーのような鈍器を持つ事にし、
それを使いこなす事で、
麻薬の売人とか
列に割り込むしょぼい小悪党を容赦なく叩きのめす。
その活躍ぶりにエレン・ペイジ演じるリンジーが弟子を志願する。
リンジーは昔からスーパーヒーローに憧れていたようで
変質的にまで興奮しながら相棒役を熱望する。
ちょうど物語が一本調子になりそうな頃でタイミングも抜群だ。
リンジーのキャラは暴走するが、可愛いぃ!
普通の若い娘には、
ダサい中年男にしか映らないはずのグリムゾンボルトに興奮し、
バクテンとか出来ないものだから
精一杯の下手な側転や
挙げ句の果てには転がるだけの前転などしながら
相棒ボルティーになりたいと
熱意を体いっぱいに見せつける、
その姿がキュートで、ヤバそうで、とにかく笑える。
可愛さや強烈なキャラで主人公フランクを完全に喰ってしまう。
彼女はグリムゾンボルトの相棒、
ボルティーと名乗り、ハチャメチャな活躍ぶりを見せるが、
残念!
あっさりと敵にやられてしまい、ジ・エンド。
もっともっと悪党を残虐なまでにいたぶって
スーパーヒーローへの無邪気な憧れと
残忍性な振る舞いの二面性を演じていて欲しかった。


フランクの妻サラには
リブ・タイラー、
妖艶な魅力が漂う。
まぁ、映画じゃなけりゃぁ、
フランクくんの奥さんなんかにゃなっていないだろうから
フランクの執着心は良くわかる。

最後には敵のボス、ジョックを片付けて
サラを救い出すのだが、
この物語の凄いところは最後のエンディングにある。
救い出されたサラは2ヶ月後に再び家を出る。
今度は学問に目覚め大学に入るためだ。
こうなると彼女の元へ素敵な男が現れ
あっさりと彼女は幸せな家庭を持ってしまうのだが、
中年男のグリムゾンボルトくん、
温かく祝福し彼女の幸せを見守る。
本当のスーパーヒーローとは、
好きな人の幸せを願うということなのだろう、か。
[PR]
by asat_abc | 2011-08-30 22:50 | 映画_新作

「この愛のために撃て」、ヒットして欲しい映画!

今年洋画では4本目のパンフレット購入作品だ。
最初から最後までワクワクドキドキさせられ
ストーリーにも感心させられたスゴく面白い映画に久々に出会った。
東京で上映されているのは有楽町スバル座と渋谷だけのようだが、
こんな作品こそもっともっとピーアールして、
ヒットして欲しい映画だと素直に思う。
映画を観て面白かったと思った人は是非口コミで流行らせましょう!
c0146834_224387.jpg


裏社会に生きるサルテが誰かに追われているところから始まる。
サルテは誰に何のために追われているのか、
理解出来ていない。
腹には傷を負い、ある車道でとうとう追跡者に追いつかれ、
撃たれると思った瞬間、
バイクに跳ねられる。


場面は変わり、
臨月間近の妻ナディアに付き添う夫サミュエル、
いちゃつく姿で仲の良さがよくわかる。
サミュエルは看護師見習い、病院に勤務している。
サミュエルが勤める病院にサルテが交通事故で搬送されてきた。
サルテは重体だというのにまだ命を狙われているようで、
夜中に再び何者かに命を奪われようとした時、
サミュエルが患者を巡回していて、
彼の命を救ってあげた。
夜勤明け、部屋に戻ると
妻ナディアが温かい笑顔で迎えてくれたというのも束の間、
何者かが忍び込み、頭をしこたま殴られ、気を失う。
次に気が付いたのは携帯の着信音でだ。
電話の向こう側に妻の声がする。
ナディアは誘拐されてしまったのだ。
c0146834_2262413.jpg

犯人の要求は、負傷したサルテを外に連れ出すこと。
サミュエルは愛するナディアを救う為に
サルテを外に連れ出す辺りから、
俄然ヒートアップし始め最後までその勢い失わないでゴールに雪崩れ込む。

サミュエル、愛する妻サミュエルを救い出せるか?
c0146834_2274158.jpg


さて、続きは次回に
[PR]
by asat_abc | 2011-08-24 13:24 | 映画_新作

「モールス」、クロエ・グレース・モレッツの可愛さがウリ

「僕のエリ200歳」のリメーク作品、
エリの方を観ていないので比較できないが
聞くところによれば
まんまリメークしたようだ。
12歳ぐらいの少女と少年の物語、
主演のアビー役は「キックアス」で一躍有名になった可愛いぃクロエ・モレッツだ。
ハリウッドでリメークしようと持ってきたときには既に
彼女に演じさせることが決まっていたのだろう。
c0146834_1045945.jpg


極寒の町に住む小学校の男の子オーウェンは
気が弱く、いじめっ子グループに目を付けられている。
(細部の記憶はかなり覚束無いのだが)
今日もようやく手に入れたゲームソフトをあっけなく奪われた、
そんな悲しい小学校生活を送っている。
彼は母親と一緒にアパートに住んでいて、
両親は離婚協議中のようだ。
そんなオーウェンの隣の部屋にアビーが越して来た。
如何にも訳ありげに、よる人目に付かないように引っ越してきた。
お父さんらしき大人と二人だけのようだ。
彼等が街にやってきてから不審な事件が続く。
事件を犯しているのはアビーの父親だからだ。
車に忍び込み後ろの席に身を隠し、
持ち主が乗ってきて、車が郊外に出た頃を見計らい、
後ろから襲いかかり、殺害する、
そして、死体から血液を抜き取るというものだ。
父親はかなり疲れているのかヘマを繰り返し
その上予想外にも、
一人だけじゃなく二人が車に乗り込んでくる
という事態になる。
途中、ガソリンスタンドで一人が降りた隙に
急遽犯行に及ぶが手間取りダメージを受ける、
そして、逃げ切ることに失敗し重傷を負い、
顔を硫酸で焼いて身元を隠した後
病院に収容される。
何故そこまでしなければならないのか?


アビーとオーウェンはアパートの前の公園で話すようになる。
次第に仲が良くなり、
オーウェンがアパート内の隠れ家にアビーを連れて行く。
そこでオーエンは友情の儀式として指をナイフで切り
彼の吹き出してきた血を見せると
アビーに異変が。。。
見る見るうちに異様な姿に変わり果て、
何とかオーウェンを襲うのは踏みとどまるが、
その場からいなくなり、偶然外を歩いていた女性に喰らいつく。
そう、彼女は
吸血鬼だったのだ。
彼女に咬まれると噛まれた人間も吸血鬼になってゆく。
それを防ぐ為、アビーのパートナーは彼女の為に、
殺人を犯してまで血を求めていたのだ。
父親だと思っていた人は、実は彼女の信奉者だった。
オーウェンは彼女の部屋で
父親だと思っていた男の成長を綴る写真を見て
その事に気付き、アビーから離れようとする。
必死の思いでアビーを振り切ったものの、
オーウェンには学校に人間という敵がいる。
徒党を組んでオーエンをイジメてくる。
彼が何とか一度は反撃し、局面を打開したのも束の間
イジメっ子のボスは年上の兄を連れてくる。
その兄はヤクザ一歩手前の不良なのだろう、
イジメ方が半端じゃない。
殺されると思った瞬間
その場を助けてくれたのはアビーだ。

そして、
最後にはオーウェンがアビーの新しい信奉者となって
新たな街へと旅に出ることになる。


ちなみに街の連続殺人事件を追う刑事との絡み、
これはある意味この映画に
サスペンスというスパイスを加えてくれる役割を持っているのだが、
割愛している。

題名の「モールス」のいわれは
壁越しの隣の部屋に住んでいるので
モールス信号でもつかって何かするのかなと思っていたが、
それほどのシーン、有りませんでした。

可もなく不可もなく標準的な出来栄えだと思います。
[PR]
by asat_abc | 2011-08-18 06:54 | 映画_新作

「小川の辺」、藤沢作品に東山紀之が登場

映画化された藤沢作品で一番気に入っているのは
真田広之、宮沢りえ主演の「たそがれ清兵衛」。
どうしてもその作品と比較してしまうので、
評価は辛くなってしまうが、
決して悪い出来ではない、評価の厳しい友人も
良かったと言っていたぐらいだ。
ただ、胸に迫るもうひと押しが足りない。

私の評価の基準が
「たそがれ清兵衛」で
あがってしまったせいだと思うのだが。

c0146834_045514.jpg

海坂藩士、戌井朔之助(東山紀之)は藩命をうける。
藩の方針を痛烈に批判し、脱藩した佐久間森衛(片岡愛之助)を討てと。
佐久間は朔之助にとっては剣のライバルで、親友だ。
その上、妹の田鶴(菊地凛子)の夫でもある。
一度は家老の要請を断ろうとしたものの、
佐久間を討つほどの腕前を持つものは朔之助以外にいない。
義理の武士社会、複雑な心境だが、藩命とあらば受け入れざる得ない。
朔之助には懸念する事があった。
気が強く、剣の腕も立つ田鶴の事、
夫が討ち取られた後、刃向かって来るだろうと。
奉公人の新蔵を伴い
佐久間を討つ旅に出る。
新蔵(勝地涼)は幼い頃から兄弟同様に育てられて戌井家に仕えている。
田鶴との間にも浅からぬ関係があった。
勝ち気な彼女は何かと兄にぶつかってしまい、
それを必死になだめ彼女を助けるのが、新蔵の役目だった。
その三人の子供の頃の関係を示すシーンとして小川の辺のシーンがある。
ただこのシーン、良い設定なのだが、文句をつけたいところが一つある。
子役の子、東山にまるっきり似ていない、
いくら子役といえども、あれはひどすぎる。
もう少し、面影の似ている子役を使って欲しかった。

旅の途中、朔之助と新蔵そして田鶴との思い出話や
親友森衛が藩政を批判した理由が明らかにされていく。
現代なら何も問題視する事はない事ばかりだ。
そして朔之助に同行を願い出た新蔵の理由が浮き彫りにされてくる。
新蔵は愛する田鶴が兄の朔之助に刃向かってくることが無いように、
あるいは夫のあとを追って自害する事のないように、
その後の田鶴の事だけを考えていたのだ。
好きで好きでたまらないのに、
身分社会のこの時代では自分の思いを
伝える事が出来なかった。
相思相愛なのに嫁いで行く田鶴を
見送る事しか出来なかった。
そんな想いを胸に抱き新蔵は朔之助の供をしていた。

そんなふたりが見つけた佐久間の隠れ家は
小川の辺だった。

c0146834_0452744.jpg


この時代のエリートだというのに
何故殺し合わなければならないのか
などという事を二人とも考えようともしない、
そんな思想教育は怖いばかりだ。
疑問も差し挟むことなく、二人は戦った、
結果紙一重の差で朔之助に軍配があがり
その場を立ち去ろうとした時、
田鶴が戻ってくる。
予想通り刃向かってくる。
すると、新蔵の様子がおかしい、
義理よりも愛情を取ろうとし、
田鶴を助けようとする。
それを感じ田鶴の方も心の奥底で何かが動く。
そして、刃向かうのを止める。

二人して江戸にでも出て暮らせと言い残し
朔之助は立ち去る。
彼は昔から二人の気持ちを察していたのだろうし、
田鶴が刃向かって来ることも想定していたのだから、
自分が勝った時の解決策も考えていて
それで新蔵の供をしたいという申し出を
直ぐに引き受けたのかも知れない。

連れ帰ったところで
ギクシャクした感情をお互い持つよりも
自分に素直に第二の人生を始めた方が良いに決まってる。


思い返してみると色んなな含蓄が詰まった映画だった。
けっこう良く練られた作品だ、パンフレットを買わなかったが。
[PR]
by asat_abc | 2011-08-09 20:06 | 映画_新作

「大鹿村騒動記」、原田芳雄さんの遺作

先日亡くなった原田芳雄さんの最後の作品
今思えば映画の中での動き
幼い頃から知っている原田さんの動きでなかった、
ぎごちない気がした、
それは彼の老齢になれば誰もがそうなるのだろう、
などと自分を納得させながら観ていた。
原田さんきっと体中、満身創痍だったんだろうなぁ。
昔のワイルドだったイメージからかけ離れ
好々爺とした良い人を演じていた。

題材の歌舞伎というのも
もう一つ映画に溶け込んでいなかった。
作品的には決して押せるものではないが、
この映画を作っていた阪本順治監督はじめ
出演者の人たちはきっとこれが
名優 原田芳雄の遺作となると思いながら、
いつも以上にこの名優と 映画作りをしていたのだろう、
その意味でこの映画の持つ価値は違ったものになる。


c0146834_18558.jpg


大鹿村で食堂を経営する原田演じる主人公、風祭善は
むかし、妻の貴子と親友の治に駆け落ちされた過去を持つ。
その二人がひょっこり、
村行事の歌舞伎の頃に戻ってくるところから物語は始まる。
戻ってきた元妻、貴子は
脳の疾患をわずらっていて過去の事をきれいに忘れていて、
善と治を混同している。
人間誰しも都合の悪いことは忘れてしまうように出来ているのだろう。
元妻貴子役を大楠道代が、
駆け落ち相手で親友の治役を岸部一徳が演じる。
二人とも百戦錬磨の芸達者な俳優さんだ。
本来ならシリアスなところを、
ボケをかましながらコミカルに演じてくれる。


劇中の村行事、大鹿村歌舞伎は、実在するもので
三百年以上続く伝統のあるものらしい。
村人たちを結ぶ大切な伝統行事だ。
村はリニアモーターカーの用地問題という もめ事をかかえ、対立していたが
この村行事でなんとかまとまっている。
それぐらい求心力のある格式ある祭事なのだ。

貴子もむかしは善と一緒にこの歌舞伎に出ていた。
今は年寄り達が中心となってこの行事を進めているが、
戻って来た無邪気な貴子と家で生活するうちに
花形役者の善の心は揺れ動く。
そんな折りもおり、台風がやってきて、
貴子が突然姿を消す。
駆け落ちした日も嵐の日、
嵐がきっかけとなって記憶が蘇ってきたのだ。
それで居たたまれなくなって、家を出ようとしたのだ。
そんな一波乱を経ながらも、
村行事の歌舞伎の日はやって来た。
演じる善をみているうちに貴子、ボソッと一言、善に話し掛ける。
「許してくれなくていいのよ」
その言葉を聞いて
善の中で揺れ動いていた何かが落ち着く。
もうお互い若くない、なるようにしかならない、
許してしまおう、そう、思ったのだろうか。

次の日、貴子はやっぱりボケた貴子になっていた。



鑑賞後、二人連れのおばぁさんの会話。
「面白かったわね、来て良かったわよね」

わかる人にはわかる、
原田芳雄さんのファン必見の作品なのですよ、ね?

原田さんを追悼したいというかたは、是非見てください。
[PR]
by asat_abc | 2011-08-06 19:55 | 映画_新作

シネマ落語、結構面白いのです

えいがEIGA映画中心の娯楽を楽しむ中
今回は映画ではなく
映画を題材とした
立川志らくの落語を紀ノ国屋ホールで鑑賞。
c0146834_20513714.jpg

会場は400ほど客席が本当に空席のない満席、
立ち見はないものの満員御礼の状態
こんなに落語ファンは多いものなのかと不思議に思ったが
終わったときにはその理由が良くわかった。
面白いのです、
ライブの良さが良くわかりました。

演目は
c0146834_20524148.jpg



聞く前は落語をいささかバカにしていて、
どうせ笑えないのだろうなどど
ひいた気持ちで聴いていたが、
青菜の後半ぐらいから引き込まれ
ニヤニヤしっぱなし、
となり席の変なオジサンの笑い声が耳障りだったが、
気付いてみれば同輩に成り下がっていた。

青菜は
植木職人が働き先の旦那の使う隠語の影響を受け
家でかかぁと隣人に使う際のコミカルな様を描いた話し。

c0146834_20542988.jpg

唐茄子屋政談は
吉原の花魁に入れあげた老舗の若旦那、
家から勘当されてもなんとかなると世の中を甘く見ていたが、
流石に金の切れ目が縁の切れ目、
立ちゆかなくなり身を投げようとするところを
おじさんに拾われる。
おじさんの指導の元、真人間となるべく
仕事をしようとするが、そこは根っからのボンボン、直ぐ甘えてサボタージュしようとする、
その可笑しさをじっくり聴かせてくれる。

中入りが10分あって、本日のメイン、
ローマの休日だ。
みなさんご存知のヘップバーンの主演作で、
彼女が王女様だったが、
この落語話しでの
主人公は江戸は吉原でナンバーワンの花魁だ。
グレゴリー・ペックが演じた新聞記者は瓦版屋に変わっている。
志らくさん、昔は何本もシネマを題材にした落語を創作していたようだが、
最近は年一本に限定して古典の勉強に励んでいるようです。

さて、お話は
吉原の花魁が大名からのしつこい返杯の儀式に辟易して
吉原を足抜け、酔っ払った勢いで
瓦版屋の半次の部屋に泊めてもらう。
半次は偶然彼女が吉原ナンバーワンの花魁であることを知り、
彼女の言動をスクープしようと
江戸の市中の見物に付き合うのだが、
花魁の純真な心に触れるうちに
自分の邪な気持ちを反省、
無事帰してあげる、
その課程での言動を面白ろ可笑しく話して聴かせてくれる。

c0146834_20552027.jpg


落語ってこんなに面白いもんだったことを再認識した。
映画と比較し
周りの客は年齢高めで男性が多いけれど、
それでも6対4ぐらいの比率だ。

たまに落語も良いものだ。
[PR]
by asat_abc | 2011-08-02 20:41 | 雑記