<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ネタバレ、レポゼッション・メン

非常に鬱陶しい想いでみていた最後の結末に、
スカッとしたラストは似合わない!
安易だとケチをつけようとした瞬間、しっかりと蹴飛ばされてしまった。
出口無しの終わり方、
ネオンチカチカの夜に満足していたら
次の瞬間明け方となり、狐に化かされていただけと気づくような、
そんな思いだ。
c0146834_1448383.jpg

近未来、臓器回収人がある事故をきっかけに、
回収されるほうに廻ってしまう、という不幸。
不幸中の幸いは、本当に愛する人に出会えた事。
だが、その幸せも、ほんの一瞬。
かつての親友である追っ手が迫る。
かれから逃れ、敵の本山へ決戦を挑むのだか、
なんだかチャッチイ戦いとなる。
そして掴んだ幸せは。。。
暗鬱な本編がさらに暗鬱となる結末を用意してくれていた。
[PR]
by asat_abc | 2010-06-23 21:34 | 映画_新作

ハングオーバー、最大の二日酔い

「ベガスの恋に勝つレール」?も、事件はベガスで起きたけれど、この「ハングオーバー」も、事件はベガスで起きた。
アメリカ人にとってベガスとはどんなところなのだろうか?男の立場から言えば、飲む・打つ・買うが合法的に出来る場所なのだろうけど、それだけじゃなさそう!
ロマン、夢や期待が一夜だけ味わえる場所なのだろうか?

さて、このハチャメチャな映画ときたら、最初から何かが起きる事を案じさせる人物を配している、でもはじけるのは、だいたい、普段真面目な奴というツボは心得ている。
昨夜一体何があったのか、虎とニワトリがいる部屋でこの物語は笑いを振りまきながらヒートアップし始め、最後の謎が解けるまで一気呵成に畳み込んでくる。
画面を食い入るのみ。

実はこの物語の奥底に流れるもの、それは男達の友情物語といえば誉めすぎだろうか?
[PR]
by asat_abc | 2010-06-17 21:31 | 映画_新作