<   2008年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「東南角部屋二階の女」の正体は?

池田千尋監督
西島秀俊 &加瀬亮 & 竹花梓 VS 塩見三省& 高橋昌也& 香川京子 出演
c0146834_23323793.jpg


若手とはもう言えないだろうが,
老境に入る三人の役者との対比で、つい若手三人といいたくなる
そんな年配の三人と若手三人との静かな演技合戦の作品でした。

年齢差の為に
お互いにわかり合えることは出来ないが、
わかろうと努力することは出来るハズ。

我々の日常では、
大切なこともそうでない事もマニュアル的に捌かれていく。
日々の生活の中で、疑問は封じ込められ、
人として一番大切なことが見過ごされていってしまう。
そんなメッセージを感じさせる映画だった。

ホンワカ、ゆったりした作品が好きな人には
お勧めです!
[PR]
by asat_abc | 2008-08-31 18:12 | 映画_新作

「シャッター」はホラーではなく、怪談

ジョシュア・ジャクソン、レイチェル・テイラー、奥菜恵出演

c0146834_23152794.jpg


パンフには、
聞きなれないスピリチュアル・スリラーと書いてあったけど、
確かにハリウッド・ホラーとは一線を画している。
日本の怪談のような作品で、
アメリカで受け入れられたのか、気になるところです。


ベンとジェーンは挙式後直ぐに日本での新婚生活を迎えるが、
旅行中に女をひき殺した錯覚にさいなまされる。
それが始まりだった。
その後二人に不可思議な現象が繰り返し起こる。
その理由とは…

一度解決したと思ったが、更にもっと深い事実が隠されていた。

それなりに、楽しめる出来でした。
[PR]
by asat_abc | 2008-08-30 20:38 | 映画_新作

「敵こそ、我が友」、クラウス・バルビーの悪事


題名は忘れたし、かなり昔の事だが、
チェ・ゲバラの伝記的な映画を観た。

そのゲバラを死に追いやった人物の事が
記憶の片隅でずっと気になっていた。
その人物こそこのドキュメンタリー映画の主人公、
クラウス・バルビーである。

c0146834_23195941.jpg




彼はヒトラーの親衛隊として

「リョンの虐殺」

に関わり多くのフランス人を殺したにも関わらず、
戦争裁判に招集されなかった。

その裏には戦後アメリカ軍が
彼のノウハウを利用して反共の手先にしていたからと言われている。

その後フランスからの彼の出頭要請に対しては、
都合が悪くなるのを恐れ、バチカン経由でボリビアへ逃がした。


バルビーはタフな人物で、
その地で、またもやナチス復興の活動を再開、
第三帝国の創設を企てる。
その活動の過程で国の要人とも交流し、
彼等の要請によって、チェ・ゲバラを死に追いやった。


バルビーという人間はトコトン悪人のようで、
最後にはフランスへ引き渡され、終身刑になりました。
(フランスは死刑を確か廃止していたはず)
そして、牢獄で癌のため死亡。
[PR]
by asat_abc | 2008-08-30 10:29 | 映画_新作

「ハンサムスーツ」はもてない男の願い

谷原章介、塚地武雅、北川景子出演

c0146834_23225089.jpg


今年の試写会と映画館で観た150本目の作品だった。
誰が観ても素晴らしいものは素晴らしいが、
そんな作品は一年に数本しか出会えない訳で、
初心者向けか玄人向けかによって映画評価も変わってくる。

この作品は初心者向けで、
深い味わいには欠けるが、
単純に笑えて頷けて、そしてちょっぴりホロってくる作品でした。


自他共に不細工と認められている男が
ハンサムになれるスーツを着用したことによって得るものと
失うものとを考えて下した結論までの過程を描いたコメディです。

笑いたい方は是非どうぞ。
[PR]
by asat_abc | 2008-08-29 19:54 | 映画_新作

落下の王国

ターセム監督
リー・ペイス主演


c0146834_23255777.jpg
スタントマンのロイは撮影で橋から落ちて 脚を骨折し、
入院することに。
その病院で腕を骨折している少女に出会う。

その少女にデマカセの作り話しを聞かせているうちに、
いつしかそのお話しは二人の宝物になっていく。

世の中に絶望しているロイは
結末を救いようのない悲劇にしようとするが‥‥。

少女の無垢で純真な想いと、
見事な風景が見もの。

明日への希望となる結末になるか?
[PR]
by asat_abc | 2008-08-28 21:06 | 映画_新作

「今日も僕は殺される」はただ楽しめぱ良いだけ?

ダリオ・ビアナ監督
マイク・ボーゲル、クリスティーナ・コール、ジェイミー・マーレイ出演

ホッケーの試合で最高の瞬間を迎えたハズのイアンは
何故か失意の時を味わってしまうはめに。
それを救ってくれたのは恋人、
彼女の愛で我慢出来たのも束の間、
彼は何者かに殺される。


c0146834_23363622.jpg


たが、死んだと思った次の瞬間、
目覚め、会社で働いているのだった。
しかし、彼に何かが忍び寄って来ていた。

その意味がわからぬうちに再び何者かに殺される。
そして再び目覚め、
何事なかったように日常がスタートする。

このへんから考え込んでしまった。

この物語りは、
ただ単にホラーの様に怖がれば良いだけなのか、
それともその奥に秘められた狙いが有るのか、
結論はまだついていません‥
[PR]
by asat_abc | 2008-08-27 21:35 | 映画_新作

「おくりびと」、今年もっともお薦めの邦画

本木雅裕、広末涼子、山崎努出演

c0146834_23342474.jpg

音楽家の夢破れた主人公は
妻と共に故郷 山形に移り住む事になったのです。

そこで手にした職は、
この世からの旅立ちをお手伝いする
納棺士という職業である。

最初は嫌だったこの職に何故か惹かれていく。
家族との最期のお別れには情感迫る物があり
亡くなった人への家族の想いが託される。
彼は自分の両親との想いをきちんとしたかたちで遂げていない為、
幸せなかたちであの世に送ってあげる、
この職にこだわったのだと思う。

最後に彼はこの感情から卒業する。

今年の邦画でイチオシの映画です。
[PR]
by asat_abc | 2008-08-27 20:43 | 映画_新作

台湾映画コレクション「練習曲」


昨年度台湾興行収入ナンバーワン映画だそうです。

c0146834_2340063.jpg


大学卒業を間近に控えた、聴覚に難を持った青年が
自転車での台湾一周旅行を通して
様々な人達と一期一会の出会いをしたり、
旧知の人達といにしえの情を温めたりと、
ほのぼのとさせてくれる人間ドラマ。


出てくる人達がとても良い人達ばかりだか、
必然せいがあり、不自然な感じはない。

意地悪ではないが、
両親の離婚問題に悩みを持つ
少しクセのある同年代の子を出したりして工夫している。

青年がお祭りのシーンで涙する場面だけは
意味が伝わってこなかったのは、
私の感性のせいなのか、
それとも台湾の人でなければ伝わらない所なのかは気になるところです。
[PR]
by asat_abc | 2008-08-26 22:01 | 映画_新作

「ダークナイト」、アメコミらしくない大人の映画

c0146834_23435216.jpg


バットマンは市民の平和を願っているといるのに、
市民の方の彼に対する信頼は疑心暗鬼の状態なのです。

それでもバットマンは彼の責務をまっとうしようとし、
信頼できる後継者を創ろうとする。

世の中の悪を憎み正義の街をしようとする判事、
彼に期待をかけサポートするのだが、
悪の権化であるジョーカーの策略に嵌り、
彼は正義の為なら悪事もする人間へ突き落とされてしまう。

この辺の演出が、普通のアメコミ風活劇と
一線を画す所だと思う。


来年のアカデミー賞の何冠を制するかとても楽しみである。
[PR]
by asat_abc | 2008-08-26 21:31 | 映画_新作

幸せの1ページ

ジェニファー・ブラケット監督
アビゲイル・ブレスリン、ジョディー・フォスター、ジェラルド・バトラー出演


c0146834_2326653.jpg

この作品の主人公は11歳の女の子、ニムです。
それさえわかっていれば、それなりに楽しめます。
孤島で育った11歳の彼女のアドベンチャー物語りなので、ラブロマンスやハードアクションも深い感動も期待せずに、少女と彼女を救おうとする無器用な女性のドタバタコメディだと思えば楽しめます。
[PR]
by asat_abc | 2008-08-25 23:01 | 映画_新作