<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひぐらしのなく頃に

c0146834_5482511.jpg

ネタバレ注意!
4月28日、渋谷C・C レモンホールで試写会鑑賞。
事件は昭和58年に起きる。
一人の中学生が過疎の山里へ転校する。
クラスメートは何故かほとんど女性で、やたら信心深い。
(このへんは男性好みで、好感を持てたのですが。)

そんな村で殺人事件が起こるのです。
村人達は守り神の祟りのせいにしてしまいます。
そして主人公の中学生にまで魔の手が伸びて、
これからという所でなんと結末を見せぬまま終わってしまう。
去年観た「こわい童謡」みたいに後編を作るんだろうと思っていたら案の定、
完結編を制作中と一番最後に予告していました。
それでざわついていた観客も納得したようでした。

作品自体はそれなりの出来なので、
前・後編一緒にみせて欲しかったものです。
後編がなかったので評価は
★★☆(2.5)
[PR]
by asat_abc | 2008-04-30 18:36 | 映画_新作

最高の人生の見つけ方

c0146834_5501323.jpg

余命六ヶ月と宣告されたジジィ二人が
残された時間で棺桶に入る前に
最高の人生にすべくやり残した事をしていく。
出だしのシーン、病院生活での闘病生活で
まるで生かされているかのように
余命をながらえるのでは辛すぎる。
このシーンがあるから、
その後の生きているうちにやりたい事をやっているシーンに
素直に感情移入できる。

やっぱり人生、
生きていると実感できなければ。
そして、その時必要なものは何かを、気付かせてくれるのです。

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの二人の息がぴったり、
笑いも有り、そして胸に迫る感動あり、の作品に仕上がっていました。
今年有数の傑作の1本と思います。
★★★★☆(4.5)
[PR]
by asat_abc | 2008-04-29 21:39 | 映画_新作

タケダワタル的ゼロ

c0146834_1171122.jpg


いまは亡き、高田 渡 氏のライブと、それと、
氏がよく通った吉祥寺のイセヤでの日常を交互にうつしながら、
彼に迫っていくという作品。

フォークソングというよりはソウルソングとでも言った方が良い味わい。
氏の独特な歌声は、妙に私をリラックスさせてくれ、
人生をもっと楽しみなよと言ってくれてるように思えたのでした。

★★★☆(3.5)
[PR]
by asat_abc | 2008-04-29 09:25 | 映画_新作