サプライズ、本当にサプライズ!

c0146834_024120.jpg


登場人物は両親の結婚35周年に集まった三男一女、
それぞれ恋人を伴って登場で、全部で10人。
両親が購入した別荘に集まったところから、このシチュエーションスリラーの始まりだ。
事件は唐突に起きるが、そのときから何か嘘っぽい。。。
と思いきや、やっぱりちゃんとした殺人だ。
変な先入観があって、予想では 実は両親を驚かせるためのハプニング、チャンチャン!
という終末を期待し、心を落ち着かせようとしていたのに。
これはどっぷり、このスリラーに付き合うしかないか。
スリラーの醍醐味は敵の存在がわからないことが大きい。
ヒツジやキツネやトラの仮面を被ったもの達は、いったい誰なのか?
どんな目的でこの殺戮を犯しているのか?
先ずは娘のフィアンセが、次には娘、母親。次々と殺されていく。
だが父親を殺す後半のくだりで彼らの目的と浅はかな狙いがわかると、攻守は一転する。
頑張れ、彼女!
二男の彼女の奮闘が心地よい。

スリラーが好きな人なら 観て損はない作品に出来上がっている と思いますよ。

B+・・・85点

監督はアダム・ウィンガード、この人の作品は初めてだが作品にABC・オブ・デスなど
出演者は 初めて見る人ばかり
[PR]
by asat_abc | 2013-11-29 00:04 | 映画_新作
<< 「キャプテン・フィリップス」 ネタバレ「相棒 X−day」、... >>