ネタバレ「相棒 X−day」、しょっぱい映画観ちゃった

今年の49本目

田中圭、川原和久、国仲涼子
橋本一監督

この映画を観ながら、二時間ドラマと映画の違いを考えてみた。①映画にはコマーシャルがない。②映画には豪華な出資者と時間をかけた演出がある。③大きなスクリーンで迫力ある映像と音楽がある。④テレビではタブーの題材や演出がある。⑤映画の方が制作者の思想や思いをより強く訴えかけることが出来る、などなど。ところで今日観た「相棒」が該当するのは①だけ、と言わされ得ないしょっぱい出来だった。スピンオフ映画の興行としては上出来だそうだか、騙されたと思った観客が多かったのではないだろうか。

銀行マンがビル屋上から転落死した。捜査を受け持つのは捜査一課の伊丹刑事、右京さんを目の仇にするあのデカだ。彼と映画でタッグを組むのはサイバー犯罪対策課、田中圭扮する岩月刑事。このふたり、ケンカしながらも仲良く捜査してゆく。彼等が追っている事件の裏には銀行のシステムトラブルを引き起こす陰謀が渦巻いている。関与するのは財務省や金融庁、それに警察庁も巻き込まれ、政治的圧力という捜査妨害を受けるが、現場叩き上げの伊丹刑事にはそんな事は関係ない。そんな熱い思いに若月刑事も引っ張られていく、というものだ。
いつものように木村佳乃がエッジのきいた政治家役で悪徳な陰謀を企てる者達をチクリと刺す役どころで出ている。

正規の料金を払って観に行く事をお勧め出来る出来ではない、このシリーズを愛する人限定の作品だと思う。

評価はB-、70点
[PR]
by asat_abc | 2013-03-28 06:35 | 映画_新作
<< サプライズ、本当にサプライズ! ネタバレ「クラウドアトラス」、... >>