ネタバレ「カラスの親指」、衝撃のラストとは

今年度199本目
阿部寛、村上ジョージ、石原さとみ、能年玲奈、小柳友
この映画を観ようと思っている方はネタバレです。これより先は読まないで下さい。


カラスとは詐欺師の事。阿部と村上はカラスの仲間。その二人の家に石原と能年の姉妹が転がり込んで来る。ついでに石原の恋人小柳も居候だ。阿部は過去に闇金業の奴らにしゃぶられ、その仕返しをしたばっかりに彼等に追われていた。せっかく5人の共同生活が始まったというのに、追っ手にもう見つかったようだ。過去への清算と闇金の奴らへの復讐と大きな仕事を兼ねて阿部等5人は大カラスの仕事に打って出る。何だか簡単に事が進みすぎて5人の中に裏切り者が出る?いや、何かヘマをしでかす?そう思わせておきながら、しっかり成功裡に仕事は終わる。阿部の元からは石原トリオの三人ばかりか村上までもが離れていく事に。安易だ、実に安易だ。こんな結末で良いのか?、と思っていたら実はこれ、全て村上のシナリオだったのだ。
実は村上、姉妹の実の父親で訳ありだった阿部と姉妹の中を取り持つと共に、今後の娘達の人生と阿部の人生の復権を掛けて、ついでに金もしっかり頂くというアルバトロス作戦を仕掛けるように誘導したのだ。余りにも簡単に事が進みすぎて,ふに落ちない点がこれですっかり解決。もう一つの、石原さとみの謎めいて何やらいわくありげな役どころは単にお馬鹿なだけだったようです。


最後の一捻り込みで標準的出来。80点。
[PR]
by asat_abc | 2012-12-05 06:24 | 映画_新作
<< 「その夜の侍」、対峙するふたり 「ふがいない僕は空をみた」、ほ... >>