のぼう様には野村萬斎がぴったり、「のぼうの城」

本年度181本目

久々の野村萬斎主演映画、この人の独特な佇まいは観ていて人を魅了する。
豊臣秀吉の天下統一まであとは小田原の北条氏だけという時代。
忍(おし)城を守る成田長親と攻める石田三成との戦が始まる。
これは史実のようだ。
この戦いで三成の武将としての価値は失墜、
それが関ヶ原での敗退のにつながったのかも知れない。
一応三成役の上地雄輔に
俺には武勇の才がない、所領の半分を与えでもっても有能な武将を召しかかえる、と言わせている。
そして後に島左近をスカウトしている。
たが残念な事に成就はならなかった。

さて、守る忍城は、20ヶ所以上あった北条氏の支城で、唯一落ちなかった城だ。

それは一体何故か?
人間理屈だけで生きているのではない。
自分の信じるもののために生きているのだ。
その事を萬斎演じる長親が押し付ける事無く、さり気なく教えてくれるからよけい心にしみる。

ひょろろん、ひょろろん、ひょろろんよ。

感動の一本、今年のベスト邦画になりそうだ。

評価:Α
[PR]
by asat_abc | 2012-11-06 21:44 | 映画_新作
<< 「私の奴隷になりなさい」観ちゃった 一生を団地で終える、「みなさん... >>