シネマ落語、結構面白いのです

えいがEIGA映画中心の娯楽を楽しむ中
今回は映画ではなく
映画を題材とした
立川志らくの落語を紀ノ国屋ホールで鑑賞。
c0146834_20513714.jpg

会場は400ほど客席が本当に空席のない満席、
立ち見はないものの満員御礼の状態
こんなに落語ファンは多いものなのかと不思議に思ったが
終わったときにはその理由が良くわかった。
面白いのです、
ライブの良さが良くわかりました。

演目は
c0146834_20524148.jpg



聞く前は落語をいささかバカにしていて、
どうせ笑えないのだろうなどど
ひいた気持ちで聴いていたが、
青菜の後半ぐらいから引き込まれ
ニヤニヤしっぱなし、
となり席の変なオジサンの笑い声が耳障りだったが、
気付いてみれば同輩に成り下がっていた。

青菜は
植木職人が働き先の旦那の使う隠語の影響を受け
家でかかぁと隣人に使う際のコミカルな様を描いた話し。

c0146834_20542988.jpg

唐茄子屋政談は
吉原の花魁に入れあげた老舗の若旦那、
家から勘当されてもなんとかなると世の中を甘く見ていたが、
流石に金の切れ目が縁の切れ目、
立ちゆかなくなり身を投げようとするところを
おじさんに拾われる。
おじさんの指導の元、真人間となるべく
仕事をしようとするが、そこは根っからのボンボン、直ぐ甘えてサボタージュしようとする、
その可笑しさをじっくり聴かせてくれる。

中入りが10分あって、本日のメイン、
ローマの休日だ。
みなさんご存知のヘップバーンの主演作で、
彼女が王女様だったが、
この落語話しでの
主人公は江戸は吉原でナンバーワンの花魁だ。
グレゴリー・ペックが演じた新聞記者は瓦版屋に変わっている。
志らくさん、昔は何本もシネマを題材にした落語を創作していたようだが、
最近は年一本に限定して古典の勉強に励んでいるようです。

さて、お話は
吉原の花魁が大名からのしつこい返杯の儀式に辟易して
吉原を足抜け、酔っ払った勢いで
瓦版屋の半次の部屋に泊めてもらう。
半次は偶然彼女が吉原ナンバーワンの花魁であることを知り、
彼女の言動をスクープしようと
江戸の市中の見物に付き合うのだが、
花魁の純真な心に触れるうちに
自分の邪な気持ちを反省、
無事帰してあげる、
その課程での言動を面白ろ可笑しく話して聴かせてくれる。

c0146834_20552027.jpg


落語ってこんなに面白いもんだったことを再認識した。
映画と比較し
周りの客は年齢高めで男性が多いけれど、
それでも6対4ぐらいの比率だ。

たまに落語も良いものだ。
[PR]
by asat_abc | 2011-08-02 20:41 | 雑記
<< 「大鹿村騒動記」、原田芳雄さんの遺作 「コクリコ坂から」、心地よいメ... >>