「ブラックスワン」、ナタリー・ポートマンが神格化される

c0146834_0134625.jpg
主人公ニナの心理状態をスリラー仕立てで表現した
後年ナタリー・ポートマンの代表作に冠せられるだろう映画。

出演者
主人公ニナ:ナタリー・ポートマン
バレー団監督、トマス:ヴァンサン・カッセル
バレーのライバル、リリー:ミラ・クニス、
ニナの母:バーバラ・ハーシー

監督のダーレン・アロノフスキーは「レスラー」の監督で、
「ザ・ファイター」では製作総指揮をした。
108分、2010年製作
アメリカ映画

c0146834_012298.jpg
清純派プリマがようやく手に入れた主役は妖しいまでに奔放なブラックスワンをも演じなければならない役柄で、
従来の白鳥の湖のイメージを大きく変える、白鳥と黒鳥を演じ分ける一人二役。清純な白鳥は文句なしの出来映えなのだが、















奔放でふしだらだこそ魅惑的な黒鳥はぎこちない。これを演出監督のトマスは鋭く責め立てる。トマスはニナの内側に眠っている激しいパッションを感じ取り、呼び覚まさせようと躍起なのだ。
c0146834_032159.jpg


c0146834_044987.jpgそのためにはニナに対してセクハラまがいの事までする。だが、ニナは奔放な自分自身を覚醒出来ず、ますますもたついて悩みこんでしまう。ニナは厳格な母親に女手ひとつで育てられ、母親の枠の中で大切に育てられていた女性、いわば無菌病室で育った健全すぎるおこちゃまで、精神的には幼い。



劇団のライバル、リリーは奔放であけすけで黒鳥を踊らせたら魅惑的だ。
それを知ってか知らずかトマスはいざという場合の代役にリリーをたてる。
だから、ニナはリリーの事が気が気でない。
その彼女がニナに近付いてくる。
リリーの目的はどこにあるのか?
ニナ自身には持っていないリリーの魅力を確認する為、
リリーの誘いにのって 一緒に夜の街へニナはくり出して、
必死に自分の殻を破ろうとする。
だがもがけばもがくほど、
幻覚はヒドくなっていき、母親との亀裂と深刻化する。


公演開幕の日まで秒読み段階、
ニナの精神は緊張を突き抜け壊れ始め、
とうとう現実と幻覚の区別もつかなくなってくる。
そんな精神状態で迎えた公開初日、
ニナは心配する母親を振り切り 会場に赴き、
自分自身との血戦を挑む、
c0146834_0122999.jpg
さて、ニナに勝利の女神は微笑むのだろうか。





ナタリー・ポートマンが渾身の演技を魅せる。
ハーバード大学出身の才媛で清純派代表格の彼女も もう30歳になる。
演技派を志向する彼女のスクリーンデビューは、
あの名作「レオン」でのマチルダ役だ。
c0146834_015243.jpg

その後「スター・ウォーズ」のアミダラ女王を経て、
c0146834_0152870.jpg

「ブーリン家の姉妹」ではヘンリー八世の寵愛を受けるアン・ブーリンを演じ、
c0146834_0164267.jpg


そして本作で女優としての最高峰であるアカデミー賞最優秀女優賞を受賞した。

彼女の演技に対する姿勢が開花し始めたのは
「宮廷画家ゴヤは見た」あたりからだと思う。
最近では珍しい露出控えめな女優が、
後ろ姿とはいえ半ケツ状態を曝した演技は迫力があったし、
ハビエル・バルデム演ずる神父の罠に嵌って牢に閉じ込められた上
子供を身ごもらせられ、一途に信じ込みすがりつく姿は
胸を撃つものがあった。
彼女のイメージはどちらかといえば
Sタイプの女性、アン・ブーリンのように激しい女性の方が似合うイメージだが、
「ブラックスワン」では耐える、Mタイプの女性を演じていた。
本人の性格とはきっと真逆の
おどおどして自分自身に自信を持ちきれない精神的に弱い人の役だ。
見ているこちらの方まで大丈夫かと庇いたくならせる程だ。



ここに21世紀を代表する女優が名実ともに誕生したといえるだろう。
c0146834_0181732.jpg

[PR]
by asat_abc | 2011-05-25 22:49 | 映画_新作
<< ウッディアレンの 「人生万歳!」 「阪急電車 片道15分の奇跡」... >>