「ヤギと男と男と壁と」この奇妙なネーミング

「実録アメリカ超能力部隊」が原作。
アメリカのタイトルは
ヤギを凝視する男達、とでも訳せば良いのだろうか、
この流れから邦画訳はご存知の通り
「ヤギと男と男と壁と」になったのだろう。
兎に角不思議なタイトルであるが、観ればその訳がわかるような気がするから不思議だ。
出演はジョージ・クルーニー、ジェフ・ブリッジズ、ユアン・マクレガー、ケビン・スペーシー


離婚をきっかけにイラク前線の取材を志願した新聞記者(ユアン)と元超能力部隊の隊員(ジョージ)のお馬鹿な珍道中を中心にアメリカで実在したらしい超能力部隊の実態に迫る。
そして最後には最前線に置かれていた実験場に辿り着き、ヤギを助け出す?
だって、見つめ殺す超能力の訓練にヤギを実験台として試していたのだから。
何でも最初は犬を実験台にしていたらしいのですが、犬だと可哀想だと隊員からクレームがあり、ヤギにお鉢が廻ってきたらしい。
コメディのような、暴露ネタのような、
とても不思議なテイストの映画でした。


不思議なネーミングに惹かれ封切り館で観ようとしていましたが、日程が折り合わす、二番館で観ましたが、妥当なところだったと思います。

DVDで十分な映画でした。
[PR]
by asat_abc | 2011-01-12 18:40 | 映画_新作
<< 「ハングオーバー」するほどの、... 原作版「死刑台のエレベーター」... >>