元祖日活ロマンポルノ「遊び」

私が小さい頃、映画館にこの映画、「遊び」の、どでかい看板が掛っていたのを覚えている。
主演女優は関根恵子、現在の高橋恵子である。
セミヌード姿の彼女が裸の男優と湖の畔で
おもいつめた表情をしている看板だった。
幼かったせいだろう、エッチな映画だと、
勝手に決めつけてしまっていたようだ。
その「遊び」が上映される事がわかり、観にいった。
c0146834_664252.jpg


確かに高橋恵子の裸のシーンも出てくるが、去年観た「蛇にピアス」と比べればそんなの可愛いもので、
文芸作品と読んで良いものだった。

貧しい環境で育った二人が出会い、
共に手を携えて荒波にのりだして行こうと決意するもので、
私の記憶に残っている看板は、
彼等が水の洩るボートを浮輪がわり、向こう岸に漕ぎ出して行くシーンだった。

時代背景もあってかなり貧乏臭い作品だったのたが、
考えてみたら、三丁目の夕日の時代より十年位あとのことで、
ほんの三十年前まで、日本は貧しかったのだ。
貧しかった時代を忘れてしまった日本は
何処へ行こうとしているのだろうか。
[PR]
by asat_abc | 2009-02-07 15:49 | 映画_新作
<< 「ララピポ」、風俗嬢へ沈めてしまえ! 「愛のむきだし」、その1 凄い熱気 >>