「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

 本格ブルーレイホームシアターの体験イベントに 参加しました

映画を毎年150本以上も観ていると、
観る片っ端から作品の結末を忘れてしまうどころか
最近ではこの作品、観たっけ?などと記憶がかなり怪しくなってくる。
観た作品をもう一度確かめる為に、いままでは家の液晶TVでDVDを借りて
確かめていたが、これでは迫力に欠けるし、画像もスクリーンで観るものと
なんか少しイメージが違う、などとぼんやりと不満に思っていた。

そんな折、ブログスカウト事務局さんが企画した、10万円で自宅が映画館へ!
「本格ブルーレイホームシアター体験イベント」に参加しました。

説明してくれるのは、↓ この方、本田雅一さん。
c0146834_22115883.jpg

残念ながら、その時初めて本田さんの存在を知りました。
この分野ではかなり有名な方のようです。
本職はハード系の解説のようです。
「4Kテレビ、ホントのところ」
「そのPC、Windows 8.1にアップデートすべきか?」
「薄型テレビ購入ガイド、4K液晶とプラズマの“境界線”」
など、一通り目を通させてもらいましたが、
素人にはちと難しく感じました。


ところが本田さん、映画も詳しく、滑らかに次から次へと映画の話をしていきます。
ところで、テーマは「本格ブルーレイホームシアター」の体験ですから、まずその前提を。

c0146834_23421929.jpg
10万円以下のプロジェクターを逆さに備え付け、約2.8M先のスクリーンへ映します。
そこには100インチ以上はあろうかという
大画面が映し出されます。
ちなみに無知な私はプロジェクターを
逆さに設定するわけを未だに理解できていないのですが
確かに会社でも逆さ吊りにされていました。

c0146834_23491862.jpg
約2.8M前のスクリーンに映し出されている100インチ以上ある画面は大迫力です。
映画ファンなら垂涎の的です。
そしてここからなのです。
最近4Kテレビなどと言われ、
フルHDなどの高画質な液晶TVがもてはやされ始めていますが
その場合は100万円近い金額がかかります。
それが、プロジェクターにすれば10万円もかからずで設置できるのですから、
直ぐにでも自宅で実現できそうです。

そして、本題はここからです。
100インチもの画像で味わうのですから、高画質で味わいたいものです。
その為にはソフトが大切で、ブルーレイディスクで観たいものです。
DVDとBDにこれほどの差があるとは、今回初めて認識しました。

映画にも詳しい本田さんがBDソフトで表現できる画像の美しさをこれでもかと
説明してくれます。
(映画のどのシーンかなども、詳しい、詳しい、感心してしまいます。)
「ホビット」のシーンでは
窮屈な峡谷を渡りきり、広々とした世界が目の前に広がったときの美しい風景が
大きな画面といえども、DVDでは味わえませんでしたが、
BDで観ると素晴らしく美しいのです。思わずウットリしてしまいます。

「サムサラ」というBDでの画像での風景は圧巻でした。

映画館のスクリーンでとても素晴らしい映像を観ることを体験したことはありましたが、
それは、自宅の環境では再現できないものだと勝手に決め付けていました。
ところが、10万円程度の投資とBDというソフトで実現できるのだという事がわかりました。

今どんなBDソフトがあるかとか、どんな作品をBD化して欲しいか等
リサーチしているのが、
「ブルーレイディスクアソシエーション」
です。

技術的な解説は
 「AV Watch」
で、知ることが出来ます。

専門的なことは良くわからないけれど、
BDレコーダーを持っているのなら、BDでその美しい映像を味わわない手は無い!
ということが、今回の体験イベントでわかりました。
ちなみに私が一番美しいと思った劇場での作品はこれです。
c0146834_0463912.jpg



[PR]
# by asat_abc | 2013-12-24 00:46 | 雑記